メインメニューを開く
初代から4代目までの墓(全生庵

三遊亭 圓生(さんゆうてい えんしょう)は、落語家の大名跡(みょうせき)の一つ。

三遊派の流祖、本家。江戸・東京において古今の多くの落語家が名乗る「三遊亭」の亭号の源流。6代目の死後、現在に至るまで空き名跡となっている。新字体の表記しか許されないときは「三遊亭生」とも表記される。


なお、2代目圓生の名は、上記の初代立花家圓蔵と初代三遊亭圓太の間で争われた。結局圓蔵が勝ち、上記のような継承となったが、負けた圓太は悔しさのあまり、「新しい圓生」として「志ん生」と名乗った。ついでに古きも新しきも両方手がけることから亭号も「古今亭」とした。初代古今亭志ん生の誕生である。

7代目圓生襲名問題編集

6代目死後、山崎はな(6代目圓生未亡人)、稲葉修山本進京須偕充5代目三遊亭圓楽(6代目圓生の総領弟子)の連名により、この名跡は止め名となっていた[1][2]。しかし、6代目の三十三回忌(2011年)を控えた2008年、5代目圓楽が総領弟子の三遊亭鳳楽に7代目圓生を襲名させる意向を示したことから、6代目の直弟子三遊亭圓丈、6代目門下の預かり弟子である三遊亭圓窓も襲名争いに名乗り出る騒動となった。止め名の当事者にもかかわらず、独断で鳳楽の襲名を進めた5代目圓楽と弟弟子達の確執[3]が原因であり、いずれも7代目を継ぐことなく収束した。今後、6代目の系譜にあたる若手の中から7代目を継がせるに足る者が出てくれば襲名の可能性はあるという[4]

経緯編集

かねてから5代目圓楽は、鳳楽の大師匠で三遊派の大名跡「圓生」を鳳楽に継がせたい旨を明言していた[5]が、5代目圓楽の病状が深刻になった2009年春、鳳楽以下円楽一門会幹部が集まり、6代目圓生三十三回忌の2011年を目処に「7代目圓生」を襲名する計画を話し合った[6]。同年10月に5代目圓楽が亡くなるが、「お別れの会」席上で鳳楽は、6代目圓生の孫1名から既に賛意を得ており[7]、この孫(6代目圓生次男の子息)以外の関係者にも2010年から改めて挨拶に回り、圓生の三十三回忌を目処に襲名したい旨、再度表明した。

これに対し、圓丈は2010年2月1日発売の雑誌「正論」3月号誌上での塚越孝との対談で「名跡は孫弟子ではなく圓生の直弟子が継ぐべき」と発言。公に鳳楽の七代目襲名に異を唱えると、自ら七代目襲名に立候補、鳳楽に芸の上での直接対決を提案[8]。鳳楽もこれに応じ、2010年3月17日には圓丈・鳳楽らの共演で「円生争奪杯」(浅草東洋館)が開催され[9]、結論こそ出なかったものの、最後には和やかな座談会で締められた。

同年5月には圓窓が落語協会に対し7代目圓生襲名の意向を報告した。同月17日、協会定例理事会で、襲名のため圓生の遺族との話し合いを行っていることを明らかにした。落語協会は、新聞の取材に対して「そう遠からずに(圓窓の襲名で)正式発表を行う可能性がある」とした[10]

その後、圓窓は、圓生三十三回忌のおりに「留名」(原文ママ)として6代目圓生の長男が管理することになったと報告している[11]。また、円生の名を止め名にした一人の京須偕充は「とめ名に署名した立場ではっきり申し上げれば、とめ名は粗悪な圓生誕生の抑止効果までが役割で、拘束力などない」と書いている[12]

2015年9月3日、7代目襲名に名乗りを上げていた圓窓、圓丈、鳳楽の3人が、いずれも当面、襲名する意思がないことを表明し、人選は白紙に戻った[13]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 三遊亭圓窓 (2008年5月2日). “圓生(6) 5月2日 圓楽(5)の横暴” (日本語). 2010年3月24日閲覧。
  2. ^ 「円生襲名争い」の恥っさらし”. FACTA ONLINE. FACTA (2010年9月). 2019年9月26日閲覧。
  3. ^ 1986年に圓丈が著わした暴露本『御乱心 落語協会分裂と、円生とその弟子たち』によると、6代目圓生と5代目圓楽にも確執があったとされる。
  4. ^ “円生一門わだかまり越えた…3月に「三遊ゆきどけの会」”. 読売新聞. (2014年2月6日). オリジナルの2014年10月19日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20141019075623/http://www.yomiuri.co.jp/culture/stage/trad/20140206-OYT8T00579.html 2014年10月21日閲覧。 
  5. ^ “三遊亭鳳楽の大名跡・円生襲名「まだ先」” (日本語). 日刊スポーツ. (2008年6月12日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20080612-371092.html 2010年3月24日閲覧。 
  6. ^ “円楽さん決めていた「円生」鳳楽が襲名” (日本語). 日刊スポーツ. (2009年11月1日). http://www.asahi.com/showbiz/nikkan/NIK200911010015.html 2010年3月24日閲覧。 
  7. ^ 6代目圓生の長男は『週刊新潮』2009年12月10日号において、鳳楽の襲名に異議を唱えている。
  8. ^ 広瀬和生 (2019年5月2日). “『21世紀落語史』第59回「五代目圓楽一門と、それ以外の圓生一門との確執」”. 本がすき。. 光文社. 2019年9月25日閲覧。
  9. ^ “因縁の名跡「円生」争奪戦 円丈と鳳楽、高座で対決” (日本語). 産経新聞. (2010年2月6日). http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/100206/tnr1002060036000-n1.htm 2010年3月13日閲覧。 
  10. ^ “円生襲名、直弟子の円窓が新たに名乗り 三つどもえ” (日本語). 産経新聞. (2010年5月17日). オリジナルの2010年5月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100520015434/http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/100518/tnr1005180100000-n1.htm 2010年5月17日閲覧。 
  11. ^ 三遊亭圓窓 (2011年9月6日). “日暮 2011・9・3(土)圓生33回忌” (日本語). 2011年9月6日閲覧。
  12. ^ 京須偕充 (2015年8月28日). “『落語みちの駅』第六回「圓生37回忌」”. otonano. sony music direct (japan). 2019年9月25日閲覧。
  13. ^ 「円生」七代目襲名に名乗りの3人、全員が撤回”. YOMIURI ONLINE (2015年9月4日). 2015年9月4日閲覧。

関連項目編集