メインメニューを開く

2代目 三遊亭 圓生(さんゆうてい えんしょう、文化3年(1806年、逆算) - 文久2年8月12日1862年9月5日))は、落語家。本名、尾形 清治郎(清次郎とも)または盤蔵。

2代目 三遊亭さんゆうてい 圓生えんしょう
2代目 .mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}三遊亭(さんゆうてい) .mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}圓生(えんしょう)
初代から4代目までの墓(全生庵
本名 尾形 清治郎
生年月日 1806年
没年月日 1862年9月5日
出身地 日本の旗 日本
師匠 初代 三升亭小勝
初代 三遊亭圓生
名跡 1. 三升屋しげ次
2. 初代竹林亭虎生
3. 三遊亭花生
4. 初代立花屋圓蔵
5. 2代目三遊亭圓生(1841年 - 1862年)
活動期間 ? - 1862年
所属 三遊派

本所は竪川に出生。当初は袋物渡世を営んでいた。父は尾形源蔵。最初は初代 三升亭小勝の門下で三升屋しげ次といい声色師だったともいわれる、初代 三遊亭圓生の門下で初代竹林亭虎生、三遊亭花生を経て初代立花屋圓蔵となった。

天保12年(1841年)ころ、2代目 立川焉馬の後ろ盾で2代目三遊亭圓生襲名。

始め四谷に住み頭部の形が木魚に似ているところから「よつもくの圓生」と呼ばれた。後に湯島の大根畑に移った。

弟子には初代 橘屋圓太郎三遊亭圓朝父子がいる。圓生は圓朝につらく当たり、弟子である圓朝の出し物を先に演じてしまうなどの妨害をしたため、かえって圓朝に創作力が付いたといわれている。他に2代目 立花屋圓蔵圓次郎(のちの三遊亭圓麗2代目 三遊亭小圓朝の実父))、桃月庵白酒(のちの5代目 朝寝坊むらく)、三遊亭圓太(のちの初代 三遊亭新朝)、3代目竹林亭虎生(のちの6代目 船遊亭扇橋)、初代 三遊亭圓馬らがいた。

圓朝全集』の中では、『雨夜の引窓』『畳水練』が圓生作で、他にも『累双紙』も圓生の作だという。落咄の作は2代目 立川焉馬編『昔噺 当世推故伝』(1848年)などでも知られる。怪談咄も得意とし『雪駄直し長五郎』『佐倉宗五郎』なども演じた。芸に対して熱心だったことが三遊亭圓朝の『名人くらべ』に伝えられている。

晩年は病がちになり不如意な生活を送ったが、その際、圓朝は怨みを忘れて手当てを贈った。没後も遺言に従い、三遊派が勢いを盛り返した慶応元年(1865年3月21日(初代圓生の命日)に本葬を行なった。三遊亭圓志(本名未詳)は養子。盲目の娘は、終生圓朝が世話をしたという。

なお圓生の名跡は圓朝の弟子の初代 三遊亭圓楽が襲名した。

出典編集

関連項目編集