メインメニューを開く

上口 龍生(かみぐち りゅうせい、1969年1月2日 - )は、日本プロマジシャン和妻師。東北学院大学工学部電気工学科卒。事務所に所属せずフリーで活動している。[1]

人物編集

幼少の頃からマジックをはじめ、19歳の頃の学生時代より本格的にマジックの勉強をする。大学を卒業し、某有名エンジニアリング系会社に就職するもマジシャンの夢を捨てきれず、藤山新太郎のマジック事務所である東京イリュージョンに再就職し1992年より3年間の修行を勤めた。SAMジャパンの創設メンバーであり、SAMジャパンの事務局の運営に携わっていた。その当時からプロとしての活動を始め、オリジナル版の『胡蝶の舞』を1993年に発表する。1994年にはオーストラリア政府主催『ジャパンフェスティバル』にゲスト出演し、シドニーのオペラハウスにてくだんの『胡蝶の舞』を披露し、江戸時代から続くマジックの存在をアピールした。

1995年にはSAMジャパン主催『マジック・オブ・ザ・イヤー』優勝、UGM主催『ワールドマジックサミット・ジャパン』優勝、不思議倶楽部主催『なにわのマジックコンベンション』第一位、と三大タイトルを制覇した。現在でも1年間で三冠達成した記録は破られていない。

その後、バーディー・コヤマ深井洋正、松旭斎八重子美重子、松旭斎美智、シオミ、ケン正木など多くのプロマジシャンを輩出した村上流手品道場の門を叩き、その主宰である村上正洋に師事し村上流マジックを学ぶ。

1996年には、アメリカのワシントンで行われた『ワールドマジックサミット』のゲストとして呼ばれ、マジックの殿堂と呼ばれるロサンゼルスの『マジックキャッスル』に単独出演する。

和妻と呼ばれる江戸時代から続く日本独自のマジックの継承者としてだけではなく、日本におけるプロとしてのクロースアップマジックの先駆けの一人でもある。また他ジャンルとのコラボレーションも積極的に行い、特にスーパー腹話術いっこく堂とのコンビでは全国のホテルや劇場などで大絶賛された。

主にスライハンドマジックと呼ばれるネタや仕掛けを用いない技術的マジックを得意とし、激しい動きや音楽に合わせた独自のスタイルを持つ。イリュージョンマジックの分野においてもプリンセス・テンコー(二代目引田天功)によるプロデュース『東京魔術団』のリーダーとしても活躍した。

2002年には世界的日本人マジシャンである島田晴夫に師事し、島田オリジナルの『傘出し』『鳩出し』『八ツ玉』を伝授される。

最近ではマジシャンという演技者の活動にとどまらず、執筆活動や研究活動、マジック演出、マジックバーの経営[2]も行っている。深田恭子主演『富豪刑事デラックス』、WaT主演『My favorite Girl』ではいずれもマジックアドバイザーとしてクレジットされている。

受賞編集

  • UGM主催 第2回ワールドマジックサミットJAPAN優勝
  • 第3回なにわのマジックコンベンション ステージ部門第1位
  • (社)日本奇術協会 ハイクオリティパフォーマンス賞 他多数受賞

メディア出演編集

テレビ編集

  • フジテレビ「欽也のTVフランス座」
  • テレビ朝日「とことん好奇心」
  • 日本テレビダウンタウンDX
  • TBS「コロンブスのゆでたまご」
  • TBS「熱帯シナモンズ」
  • TBS「しあわせ家族計画
  • テレビ朝日「ま、いっか」
  • 日本テレビ「ニュースプラス1
  • テレビ東京「ナビゲーター21」
  • 新潟上越ケーブルテレビ「満足度120%上越こだわり商店街道」レギュラー
  • 日本テレビ「全国女子アナ汗と涙のかくし芸」
  • NHK BS2「ばらえ亭JAPAN」
  • BS 日テレ「Additional Square」
  • CX爆笑おすピー問題
  • ヒストリーチャンネル「日本マジック史」
  • 日本テレビ「くりびつ仰天TV」
  • フジテレビ「爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル」(2010年1月5日)

書籍・新聞編集

その他編集

著書編集

  • マジック絵本『ふしぎだいすき』(晩成書房、2000年)
  • キミにもできる!『マジックの必殺技』(ポプラ社、2003年)

脚注・出典編集

外部リンク編集