メインメニューを開く
国道13号標識

上山バイパス(かみのやまバイパス)は、山形県南陽市から山形市までの国道13号バイパス道路である。

山形県上山市金生付近

概要編集

  • 起点:山形県南陽市川樋
  • 終点:山形県山形市蔵王半郷
  • 全長:17.2 km
  • 車線数:供用区間のうち、北よりの5.7 kmは片側2車線。南よりの11.5 kmは暫定片側1車線。

特徴編集

 
山形県南陽市川樋付近
  • 南陽市から上山市にかけての区間は道路が国道13号1本しかなく、交通量が多いため繁忙期には渋滞が発生する。このため、上山市内や同市中山地区を迂回する道路が必要となり、上山バイパスの整備が計画された。
  • 1969年(昭和44年)に事業着手し、山形市側から工事が進められ、順次供用を開始した。上山市中山から同市川口間1.2kmについては2007年(平成19年)12月21日供用を開始した。残りの南陽市川樋 - 上山市中山間5.5kmについては、2009年度の供用を目指して事業が進められていたが、地滑りの危険性があったために開通が遅れて、2010年(平成22年)12月12日に開通した。これにより全線開通した。

接続路線編集

主なトンネルと橋編集

 
岩部山トンネル
  • 岩部山トンネル (947 m)

参考文献編集

関連項目編集