上方文化

上方文化(かみがたぶんか)とは、江戸時代以降の上方大坂を中心とする地域)で育まれた文化のこと。

目次

概要編集

元禄時代(1688年から1704年)の上方では経済がめざましい発展を遂げた。きわめて裕福な町人層が新しい都市文化の担い手となり、上方文化が形成されていった。

江戸時代前期の時点で江戸はまだ開発途上であり、上方文化は先進的な優れた都市文化として盛んに江戸へ移入され、江戸の町人層にもてはやされた。上方文化の移入と江戸自体の成熟に伴い、江戸時代中期には江戸特有の文化が徐々に開花。江戸時代後期には江戸特有の化政文化が栄え、上方と並ぶ文化の発信地として栄えた。

陰翳に富み、優美なるを身上とし、衣・食・住・聖・性・真・善・美など、人生のあらゆる諸相の価値観に影響を与えた。その骨頂は「すい」とされ、江戸の「いき」と対比される(どちらも漢字表記は「」)。

上方の生活と文化編集

芸能娯楽編集

服装編集

江戸時代前期の上方は地質の立派な着物を好み、染めや鹿子絞りも上方が早かったという。元禄期には華やかな友禅染めがもてはやされ、衣服の贅沢は上方にとどめをさすといわれる位に豪華になった。着物の隆盛は大坂町人の財力と美意識がささえていた。

食事編集

諺・故事成語編集

  •  石の上にも三年
  •  笑う門には福きたる
  •  瓢箪から駒
  •  来年のことを言うと鬼が笑う

文学編集

元禄時代を中心として大坂と京都で行われた町人文学を上方文学という。近世社会の仕組みが徐々にその姿をあらわすなかで、都市の多様な生活を描き、生命力にあふれた人間の心情と機微を捉えようとした。そのなかで大きな足跡を残したのが、浮世草子の井原西鶴、浄瑠璃の近松門左衛門、俳諧の松尾芭蕉の3人である。

上方文化を題材にした作品編集

関連項目編集