上野方村(かみのがたむら)は、かつて富山県下新川郡にあった

上野方村
廃止日 1952年4月1日
廃止理由 新設合併
魚津町上中島村下中島村
松倉村上野方村下野方村
片貝谷村加積村道下村経田村天神村西布施村 → 魚津市
現在の自治体 魚津市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
都道府県 富山県
下新川郡
隣接自治体 片貝谷村、松倉村、上中島村、下中島村、下野方村、加積村
上野方村役場
所在地 富山県下新川郡上野方村
 表示 ウィキプロジェクト

沿革編集

  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制施行に伴い下新川郡大海寺野村、大海寺新村、大海寺野新村、刈安村、石垣村、大谷村が合併し、上野方村が発足。
  • 1952年昭和27年)4月1日 - 下新川郡魚津町、上中島村、下中島村、松倉村、下野方村、片貝谷村、加積村、道下村、経田村、天神村、西布施村と合併し、市制施行して魚津市となり消滅。

経済編集

農業

『大日本篤農家名鑑』によれば上野方村の篤農家は、「紙谷清作、長勢次郎四郎、盛永清二」などである[1]

交通編集

魚津町へのバスの便がある[2]

名所・旧跡編集

大谷には鉱泉がある[2]

出身・ゆかりのある人物編集

  • 長勢次郎四郎(篤農家) - 村長[3]。元衆議院議員長勢甚遠の祖父。
  • 長勢甚正(政治家) - 魚津市議会議員。元衆議院議員長勢甚遠の父。
  • 盛永清二(政治家) - 村長[4]

脚注編集

  1. ^ 『大日本篤農家名鑑』498頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年4月22日閲覧。
  2. ^ a b 『日本地名大辞典 第2巻』1747頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年4月24日閲覧。
  3. ^ 『魚津市史 下巻 近代のひかり』44頁 魚津市
  4. ^ 『下新川郡治政概要』166頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年4月23日閲覧。

参考文献編集

  • 大日本篤農家名鑑編纂所編『大日本篤農家名鑑』大日本篤農家名鑑編纂所、1910年。
  • 『下新川郡治政概要』富山県下新川郡、1926年。
  • 日本書房編『日本地名大辞典 第2巻』日本書房、1938-1939年。
  • 『市町村名変遷辞典』東京堂出版、1990年。

関連項目編集