メインメニューを開く

道下村(みちしたむら)は、富山県下新川郡に存在した

道下村
廃止日 1952年4月1日
廃止理由 新設合併
道下村魚津町上中島村下中島村松倉村上野方村下野方村
片貝谷村加積村経田村天神村西布施村魚津市
現在の自治体 魚津市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
都道府県 富山県
下新川郡
団体コード 当時存在せず
総人口 5,982
(1952年)
隣接自治体 富山県:魚津町・加積村・経田村
道下村役場
所在地 富山県下新川郡道下村大字北鬼江
 表示 ウィキプロジェクト

北陸街道よりも海側(通称「ミチノシタ」)にあったため、「道下」という村名になった[1]

現在は道下地区となっている。

目次

地理・産業編集

歴史編集

特徴編集

道下村は、現・魚津市を構成する町村のなかでは、魚津町に次いで裕福な村であった。南部が魚津町に近く、魚津駅や日本カーバイド工業の工場、同社のいくつかの関連企業などがあったためである。特に大字村木は魚津町の北隣にあるため、市街地の延長の街として発展(魚津港が完成してからは漁業関連業種も集中した)していた。そのため、合併前に何度もあった他町村からの合併要請を、ことごとく断っていた。1952年の合併時も、賛否両論相半ばであった。

結局、魚津市に合併された道下村だが、農業協同組合漁業協同組合は合併を断っていた(後に漁協は1995年11月に、農協は1999年4月に合併[4])。

脚注編集

  1. ^ 『道下のあゆみを尋ねて』(2012年11月23日、道下公民館発行)104ページ
  2. ^ a b 角川日本地名大辞典 16 富山県(昭和54年10月8日、角川書店発行)829ページ
  3. ^ 角川日本地名大辞典 16 富山県(昭和54年10月8日、角川書店発行)286ページ
  4. ^ 『うおづ便利帳』(2012年4月、魚津市役所発行)16 - 17ページ『市制60周年の歩み』より。

関連項目編集