メインメニューを開く

上野 正三(うえの まさみ、1948年3月21日 - )は、日本政治家・元地方公務員北海道北広島市長(4期)。

上野 正三
うえの まさみ
生年月日 (1948-03-21) 1948年3月21日(71歳)
出生地 北海道恵庭市
出身校 北海学園大学経済学部

当選回数 4回
在任期間 2005年7月 - 現職
テンプレートを表示

目次

経歴編集

北海道恵庭市出身。1970年(昭和45年)、北海学園大学経済学部を卒業し、北海道広島町役場に入庁。北広島市都市計画部参事、同建設部長や、同総務部長等を歴任。2004年(平成16年)同助役就任。同年に北広島市役所を退職し、2005年(平成17年)北広島市長選挙に出馬し他の新人候補者2人をおさえて初当選。以後、連続当選し、現在4期目。

この他、北広島歩くスキー協会理事、北海道尚志学園高等学校PTA会長なども務めた。

政策としては、「自然と創造の調和した豊かな都市」をまちづくりの理念として掲げ、市内にある特別天然記念物野幌原始林」をはじめとする豊かな自然や、国道道道高速道路JR千歳線などの交通網等を活かして、さまざまな都市活動、経済活動、市民活動が安全かつ機能的に行われるよう、充実した都市整備を進めるとともに、人々が集い交流する拠点や個性ある地域市街地の整備などに重点を置いている。

野球との関わりが深く、旧広島町役場の野球部にて選手・監督を務めた[1]。北広島市軟式野球連盟理事長(広葉カープジュニア監督)、北海道地区大学準硬式野球連盟顧問なども経験。北海道日本ハムファイターズの本拠地球場誘致を成功させた[2]

参考文献編集

脚注編集

外部リンク編集

先代:
本禄哲英
  北海道北広島市長
2005年 -
次代:
(現職)