メインメニューを開く

下平幸男

日本の将棋棋士

下平 幸男(しもだいら ゆきお、1924年11月16日 - 1993年5月25日)は、将棋棋士、八段。渡辺東一名誉九段門下。棋士番号は50。東京都新宿区の生れ。

 下平幸男 八段
名前 下平幸男
生年月日 (1924-11-16) 1924年11月16日
没年月日 (1993-05-25) 1993年5月25日(68歳没)
プロ入り年月日 1948年1月1日(23歳)
棋士番号 50
出身地 東京都新宿区
師匠 渡辺東一名誉九段
段位 八段
戦績
2017年8月23日現在
テンプレートを表示

棋歴編集

1948年、初参加の順位戦(第3期)において予選リーグで3勝無敗の成績を収めて昇級を決め、四段から六段に飛び昇段。

1956年度、第1回東京新聞社杯高松宮賞争奪将棋選手権戦で高松宮賞を獲得。

1957年度、第1回日本一杯争奪戦で優勝。

第12期(1957年度)B級2組順位戦において9勝2敗で2位となり、B級1組へ昇級するとともに七段に昇段。その後いったん降級するも、第16期(1961年度)B級2組順位戦で9勝3敗の2位となりB級1組へ復帰。さらに翌年度、第17期(1962年度)B級1組順位戦では五十嵐豊一とA級昇級の2番手争いをし、ともに最終局で勝ち9勝4敗の同星となったが、リーグ表順位が上の五十嵐がA級昇級した。以降、下平は順位戦で昇級することはなく、結果的に、五十嵐の1勝によって下平の八段昇段は21年先になる。

1972年7月26日、持ち時間10分の早指し将棋選手権予選・対桜井昇戦で、列車事故のため5分遅刻し、遅刻時間の3倍加算で開始前からすでに時間切れで不戦敗のはずだった。しかし、理事会は事故と5分という遅刻を考慮し、下平に指すように指示した。下平は「規則に則り、遅刻した私は負けのはずだ」と主張したが、そのまま対局が開始された。お互いに角道を開けた後、3二銀と指し、角が取られ、わずか5手で投了した。

第29期(1974年度)C級1組順位戦でC級2組へ降級。翌期、7勝2敗で最終局を迎え、勝てば即C級1組に復帰するところであったが敗れた。

1984年4月、昇段規定に「勝数規定」が新設され、下平は七段昇段時からの勝ち星の積み上げで八段となる。翌年、現役を引退。

1993年、腎不全のため[1]死去。享年68。

棋風編集

居飛車党で、指し方は序盤から様々である。

終盤の入口から敵玉をまっしぐらに攻める棋風で、勝局には鮮やかに寄せたり、あるいは、際どく余したりするなどきれいな勝ち方が多く、その中には大山康晴升田幸三から挙げた勝利もある。

人物編集

日本将棋連盟の経理(出版)部長を長く務めた[1]

昇段履歴編集

主な成績編集

優勝
優勝合計 2回
順位戦
自己最高 B級1組
キャリア
  • 現役勤続25年表彰(1972年)

脚注編集

  1. ^ a b 平成10年版「将棋年鑑」

関連項目編集

外部リンク編集