有野芳人

日本の将棋棋士

有野 芳人(ありの よしと、1948年9月9日 - )は、将棋棋士。1991年、引退。下平幸男八段門下。棋士番号は122。東京都大田区出身。

 有野芳人 七段
名前 有野芳人
生年月日 (1948-09-09) 1948年9月9日(72歳)
プロ入り年月日 1975年11月19日(27歳)
棋士番号 122
出身地 東京都大田区
師匠 下平幸男八段
段位 七段
戦績
一般棋戦優勝回数 1回
通算成績 142勝270敗(0.3447)
2016年9月11日現在
テンプレートを表示

棋歴編集

1965年の入門から10年経った三段当時の1975年の10月 - 11月に、8連勝を記録して27歳でプロとなる。この間、第1回(1971年)奨励会若獅子戦で優勝している[1]

1977年度、第5回(1978年度)名将戦で、予選を突破。

順位戦では、第36期・1977年度よりC級2組に出場したものの、13期目までC級1組に昇級する成績を修められず、出場14期目(第49期・1990年度)で降級点を喫したのを機に、42歳で引退する。順位戦での通算勝率は、4割ちょうどである。

竜王戦では、発足時は5組からのスタートであったが、1度降級の危機を迎えるものの残留決定戦で勝ち、引退までの4年を降級することなく終えた。

棋風編集

居飛車振り飛車ともに多様な戦形を指すが、矢倉の採用率が高い。

いわゆる‘足を止めてのパンチの応酬’の将棋が多い棋風である。

人物・エピソード編集

  • 引退後に雀荘のオーナーになった[2]
  • 2009年に文化庁文化交流使として2ヶ月半ほど中国に派遣した[3][4]

昇段履歴編集

主な成績編集

通算成績
142勝270敗
優勝(奨励会棋戦)
  • 第1回(1971年)奨励会若獅子戦[1]
在籍クラス

脚注編集

  1. ^ a b 平成10年版「将棋年鑑」
  2. ^ 先崎学『フフフの歩』講談社、2001年4月、12頁。ISBN 4-06-273122-3
  3. ^ 有野 芳人”. 文化庁文化交流使. 2019年3月21日閲覧。
  4. ^ 「第7回文化庁文化交流使活動報告会」開催”. 文化庁. 2019年3月21日閲覧。
  5. ^ 2011年4月1日付昇級・昇段者|将棋ニュース|日本将棋連盟”. 日本将棋連盟. 2017年8月26日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集