メインメニューを開く

不逞鮮人(ふていせんじん)とは、戦前の日本において、韓国併合後の日本政府に不満を持つ内地の朝鮮出身者や、満洲の朝鮮人反体制派[1]朝鮮独立運動家[2]、犯罪者をさした。

今村鞆によると、「排日鮮人」という語を韓国統監府の伊藤博文が嫌って公文書に表記することを禁止したため、警務局の誰かによって造られたという[3]。 現在は差別語とみなされる[4]。また戦前には「怪鮮人[5]と共に新聞等でも公に使われていた。

1919年三・一独立運動以降、テロを行う朝鮮人が恐怖と不安の対象となり、「不逞鮮人」という表現が登場し、一時期は流行語にもなった[6]

目次

関連事件編集

関連作品編集

外部リンク編集

脚注・出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 小林諦亮、国立国会図書館デジタルコレクション 「不逞朝鮮人の正體」 『大陸ローマンス』 三水社、1927年http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1280035/154 国立国会図書館デジタルコレクション 
  2. ^ 黄善英『揺動と不動 : 中西伊之助の「不逞鮮人」と「北鮮の一夜」 』『比較文学・文化論集』20, 67-79, 2003-03-30 東京大学比較文学・文化研究会
  3. ^ 今村鞆 国立国会図書館デジタルコレクション 『歴史民俗朝鮮漫談』 南山吟社、1930年、389-390頁http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1886449/215 国立国会図書館デジタルコレクション 
  4. ^ 金富子関東大震災時の「レイピスト神話」と朝鮮人虐殺――官憲史料と新聞報道を中心に』『大原社会問題研究所雑誌』 (669), 1-19, 2014-07 法政大学大原社会問題研究所
  5. ^ 京城日報1921年8月17日、神戸又新日報1923年4月25日
  6. ^ アンドレ・ヘイグ中西伊之助と大正期日本の不逞鮮人へのまなざし」立命館言語文化研究 22(3), 81-97, 2011-01 立命館大学
  7. ^ 神戸又新日報 1920/7/7。萬朝報 1920/6/18
  8. ^ 外地の日本語文学選集3「朝鮮」に収録。 黒川創編 『朝鮮』 新宿書房〈<外地>の日本語文学選3〉、1996年。ISBN 4880082163