メインメニューを開く

世界フィギュアスケート殿堂(せかいフィギュアスケートでんどう、: World Figure Skating Hall of Fame)は、アメリカ合衆国コロラド州コロラドスプリングスに所在する世界フィギュアスケート博物館と栄誉の殿堂(せかいフィギュアスケートはくぶつかん と えいよのでんどう、World Figure Skating Museum and Hall of Fame)が授与・管理を行う、フィギュアスケートの発展に大きく貢献したと認められる者に与えられる賞。

概要編集

世界フィギュアスケート殿堂の選考は、一般からフィギュアスケートの発展に大きく貢献したと思われる殿堂入り候補者を募り、その後23人の選考委員によって決定される。ただし選手の選考に関しては、アマチュア引退から5年経過しなければ殿堂入り候補者にはならないと定められている[1]

殿堂入りした人物はいずれも選手やコーチとして多くの実績を残した者が選ばれている。なお、世界フィギュアスケート殿堂の管理を行っている「世界フィギュアスケート博物館と栄誉の殿堂」はアメリカフィギュアスケート協会と同じ建物にある。

受賞者一覧編集

受賞年 受賞者 主な業績
1976   ジャクソン・ヘインズ フリースケーティングの創始者。
  ディック・バトン 2大会連続のオリンピック金メダリスト。世界選手権優勝5回。
  テンリー・オルブライト オリンピック金メダリスト。世界選手権優勝2回。
  デヴィッド・ジェンキンス オリンピック金メダリスト。世界選手権優勝3回。
  キャロル・ヘイス・ジェンキンス オリンピック金メダリスト。世界選手権優勝5回。
  ヘイス・アラン・ジェンキンス オリンピック金メダリスト。世界選手権優勝4回。
  ペギー・フレミング オリンピック金メダリスト。世界選手権優勝3回。
  ハワード・ニコルソン
  モントゴメリー・ウィルソン オリンピック銅メダリスト。
  カール・シェーファー 2大会連続のオリンピック金メダリスト。世界選手権優勝7回。
  エディ・ショルダン フィギュアスケートコーチ。
  T.D. リチャードソン
  レジナルド・ウィルキー
  ソニア・ヘニー 3大会連続のオリンピック金メダリスト。世界選手権優勝10回。
  アクセル・パウルゼン アクセルジャンプの創始者。
  ジャック・ゲルシュヴィラー フィギュアスケートコーチ。
  ギュスターヴ・ラッシー フィギュアスケートコーチ。
  ギリス・グラフストローム 3大会連続のオリンピック金メダリスト。世界選手権優勝3回。
  ウルリッヒ・サルコウ オリンピック金メダリスト。世界選手権優勝10回。国際スケート連盟第3代会長。サルコウジャンプの創始者。
  アンドレ・ブリュネ
  ピエール・ブリュネ
2大会連続のオリンピック金メダリスト。世界選手権優勝4回。
1977   ドナルド・ジャクソン オリンピック銅メダリスト。世界選手権優勝1回。
  ウィリー・ベックル 2大会連続のオリンピック銀メダリスト。世界選手権優勝4回。
  ジーン・ウエストウッド
  ローレンス・デミー
世界選手権優勝4回。
1978   リュドミラ・ベルソワ
  オレグ・プロトポポフ
2大会連続のオリンピック金メダリスト。世界選手権優勝4回。
1979   バーバラ・アン・スコット オリンピック金メダリスト。世界選手権優勝2回。
  マキシ・ヘルバー
  エルンスト・バイアー
オリンピック金メダリスト。世界選手権優勝4回。
1980   バーバラ・ワグナー
  ロバート・ポール
オリンピック金メダリスト。世界選手権優勝4回。
  セシリア・カレッジ オリンピック銀メダリスト。世界選手権優勝1回。
1981   ウィリアム・ヒコック
  マッジ・サイアーズ オリンピック金メダリスト。世界選手権優勝2回。
  ウィリー·フリック フィギュアスケートコーチ。
1982   ヘルマ・サボー オリンピック金メダリスト。世界選手権優勝5回。
1984   ルイス・ルービンスタイン
  フランセス・ダフォ
  ノリス・ボーデン
オリンピック銀メダリスト。世界選手権優勝2回。
  Werner Groebli
1985   Charlotte Oelschlagel シャーロットスパイラルの創始者。
  Arnold Gerschwiler フィギュアスケートコーチ。
1986   Frank Ritter Shumway アメリカフィギュアスケート協会会長。
  コートニー・ジョーンズ 世界選手権優勝4回。
1988   リュドミラ・パホモワ
  アレクサンドル・ゴルシコフ
オリンピック金メダリスト。世界選手権優勝6回。
1989   イリーナ・ロドニナ 3大会連続のオリンピック金メダリスト。世界選手権優勝10回。
  ジェーン・トービル
  クリストファー・ディーン
オリンピック金メダリスト。世界選手権優勝4回。
1990   スコット・ハミルトン オリンピック金メダリスト。世界選手権優勝4回。
1991   ジョン・カリー オリンピック金メダリスト。世界選手権優勝1回。
1993   Richard Dwyer
  ロナルド・ロバートソン オリンピック銀メダリスト。
  ジャネット・アルウェッグ オリンピック金メダリスト。世界選手権優勝1回。
  ダイアン・トウラー
  バーナード・フォード
世界選手権優勝4回。
  リア・ファルク
  パウル・ファルク
オリンピック金メダリスト。世界選手権優勝2回。
  ジャック・ファヴァール 国際スケート連盟第8代会長。名誉会長。
  Georg Hasler
1994   James Koch
1995   William Thayer Tutt 国際アイスホッケー連盟会長。
  エカテリーナ・ゴルデーワ
  セルゲイ・グリンコフ
2度のオリンピック金メダリスト。世界選手権優勝4回。
  カタリナ・ヴィット 2大会連続のオリンピック金メダリスト。世界選手権優勝4回。
1996   ブライアン・ボイタノ オリンピック金メダリスト。世界選手権優勝2回。
  シェルドン・ガルブレス カナダプロスケート協会会長。
  ハーバート・クラーク 国際スケート連盟第5代会長。
1997   カルロ・ファッシ 欧州選手権優勝2回。フィギュアスケートコーチ。
  ベンジャミン・ライト
  リリー・クロンベルガー 世界選手権優勝4回。フリープログラムに伴奏を初めて取り入れた。
1998   トム・コリンズ アイスショープロデューサー。
  クリスティー・ヤマグチ オリンピック金メダリスト。世界選手権優勝2回。
  ヨゼフ・デェディッチ
  フェリックス・カスパー オリンピック銅メダリスト。世界選手権優勝2回。
1999   ロナルド・ルディントン オリンピック銅メダリスト。
  Gladys Hogg
2000   ドロシー・ハミル オリンピック金メダリスト。世界選手権優勝1回。
  マリナ・クリモワ
  セルゲイ・ポノマレンコ
オリンピック金メダリスト。世界選手権優勝3回。
  ジョン・ニックス 世界選手権優勝1回。
2001   ジャネット・リン オリンピック銅メダリスト。
2002   マリベル・ビンソン オリンピック銅メダリスト。
2004   トーラー・クランストン オリンピック銅メダリスト。
  伊藤みどり オリンピック銀メダリスト。世界選手権優勝1回。
女子選手史上初のトリプルアクセルジャンプと3回転-3回転ジャンプを成功。
  ユッタ・ミュラー フィギュアスケートコーチ。
2005   ロビン・カズンズ オリンピック金メダリスト。
  タマラ・モスクビナ フィギュアスケートコーチ。
  ドナルド・ギルクリスト
2006   フランク・ザンボニー 整氷車メーカーのザンボニー社の創設者。
  カート・ブラウニング 世界選手権優勝4回。史上初の4回転ジャンプ(トウループ)をISU公式大会で成功。
2007   フランク・キャロル フィギュアスケートコーチ。
2008   タチアナ・タラソワ フィギュアスケートコーチ。
2009   Willy Bietak
  Joyce Hisey
  ブライアン・オーサー オリンピック銀メダリスト。世界選手権優勝1回。
  ニコライ・パニン オリンピック金メダリスト。
  バーバラ・アンダーヒル
  ポール・マルティーニ
オリンピック金メダリスト。
2010   佐藤信夫 フィギュアスケートコーチ。
2012   ミシェル・クワン オリンピック銀メダリスト。世界選手権優勝5回。
2013   ショーケ・ディクストラ オリンピック銀メダリスト。世界選手権優勝1回。
  Viktor Balck 国際スケート連盟第2代会長。名誉会長。
  ルドビカ・ヤコブソン
  ウォルター・ヤコブソン
オリンピック金メダリスト。世界選手権優勝3回。
2014   ローリー・ニコル フィギュアスケート振付師
  デニス・ビールマン 世界選手権優勝1回。名を冠されたビールマンスピンで有名。(創始者ではない)
  アンナ・ヒュブラー
  ハインリヒ・ブルガー
オリンピック金メダリスト。世界選手権優勝2回。
  フリッツ・カチラー 世界選手権優勝3回。
2015   アルトゥール・ドミトリエフ オリンピック金メダリスト。世界選手権優勝2回。
  ナタリヤ・ミシュクテノク オリンピック金メダリスト。世界選手権優勝2回。
  オクサナ・カザコワ オリンピック金メダリスト。
  ソニア・ビアンケッティ 国際スケート連盟フィギュアスケート技術委員長。ISUチャンピオンシップスで初めてレフェリーを務めた女性。
  Eduard Engelmann Jr.
  Doreen Denny
  June Markham
  Henry Eugene Vandervell
2017   ベアトリクス・シューバ オリンピック金メダリスト。世界選手権優勝2回。
  アレクセイ・ヤグディン オリンピック金メダリスト。世界選手権優勝4回。
  申雪
  趙宏博
オリンピック金メダリスト。世界選手権優勝3回。
  アレクセイ・ミーシン フィギュアスケートコーチ。
  サラ・カワハラ フィギュアスケート振付師。
  ビビ=アンネ・フルテン オリンピック銅メダリスト。
  フィリス・ジョンソン
  ジェームズ・ヘンリー・ジョンソン
オリンピック銀メダリスト。
  Hans-Rudi Mauch
  ヴェルナー・リットベルガー 世界で初めてループジャンプを成功した男性。
2018   荒川静香 アジア初のオリンピック金メダリスト。世界選手権優勝1回。[2]

脚注編集

外部リンク編集