メインメニューを開く

世界遺産と博物館(せかいいさんとはくぶつかん、英語:World Heritage & Museums)は、2016年のユネスコ総会で採択された「ミュージアムとコレクションの保存活用、その多様性と社会における役割に関する勧告(Recommendation on the Protection and Promotion of Museums and Collections, their Diversity and their Role in Society)」[1]をうけ、ユネスコがその運用の一例として提示した指針[2]

世界遺産を活用する遺産の商品化に伴うヘリテージツーリズムなどで訪問者がより深く遺産文化資源自然環境)を理解(正しい遺産の解釈英語版)するとともに、その保護の重要性(持続可能性)を認識させるための施設として博物館の存在を重視するという考え。

世界遺産条約では第5条に「文化遺産及び自然遺産の保護・保存及び整備の分野における全国的または地域的な研修センターの設置」という条文があり、世界遺産近くにガイダンス施設・ビジターセンターを設置することを求めているが、途上国では経済的事情から新築が困難で、多地域に分散するシリアルノミネーションによる登録物件でも複数の施設を造ることは負担となり、無形文化遺産のような無形で特に開催日時が限定される祭事などは体感しにくいこともあり、既存の博物館・資料館・美術館において遺産の概要を周知させることを示唆した。

世界遺産は不動産有形財構築物が対象であるが、遺産の価値英語版を証明する可動文化財出土遺物美術工芸品など)は世界遺産に求められる完全性を補完しうるため世界遺産の近くにあることが望ましく、ユネスコは場域留置英語版サイトミュージアムを推奨する[3]。また、文化遺産の書式化英語版とそのデジタル情報化による仮想博物館英語版オンライン展覧会英語版も奨励する。

一方で世界遺産に対しては景観環境保護を求めており、ガイダンス施設や博物館を新設する場合にその立地外観デザインが問題となり、宗教的聖地では文化的空間がもつ場所の精神英語版を冒しかねない。民俗分野における野外博物館自然分野でのエコミュージアムといった半有形半無形のものをどう取り込んでゆくか、営利事業としての企業経営の博物館、恒久性が乏しい個人博物館[4]古文書などの歴史資料を保管する図書館の位置付け、自然遺産におけるネイチャーセンター英語版動物園植物園の取り扱いなどの課題もある[5][6]

「世界遺産と博物館」施策はユネスコと協力関係にある国際博物館会議の「文化のハブ(結節点)としての博物館」という理念にも合致する。

注釈編集

  1. ^ ミュージアムとコレクションの保存活用、その多様性と社会における役割に関する勧告 (PDF) 国際博物館会議日本委員会
  2. ^ World Heritage sites and museums UNESCO
  3. ^ 日本ではユネスコによる遺産と創造性#管理体制で地域毎の郷土資料館が充実していることが評価される一方で、世界遺産を目指す百舌鳥・古市古墳群では回収された副葬品の非公開性(菊タブー)が登録審査時の足枷になりうる可能性を指摘する意見もある(毎日新聞2016年12月21日-Yahoo!ニュース
  4. ^ 長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産を補完する踏絵などの資料が私設の十六番館資料館の閉鎖により散逸した
  5. ^ 国立西洋美術館ドイツムゼウムスインゼルイギリスキュー王立植物園のように展示施設そのものが世界遺産の場合、収蔵品との相乗効果を経過観察する
  6. ^ 収集・展示資料が贋作だった場合など真正性英語版の問題もある

関連用語編集

外部リンク編集