メインメニューを開く

世運駅(せうんえき)は台湾高雄市楠梓区にある高雄捷運紅線。左楠路と中海路の交差点に位置し、駅番号R17である。計画時の暫定名称は半屏山であったが、2005年7月1日に新聞紙上メインスタジアムが建設されたワールドゲームズ(中国語:世界運動會)の略称である現在の名称が発表された[1]

世運/国家体育園区駅
世運駅俯瞰
世運駅俯瞰
世運/國家體育園區
シーユン/グゥオジャティユユェンチュ
World Games/National Sports Complex -
所在地 台湾高雄市楠梓区宏南里1鄰左楠路1号
駅番号 R17
所属事業者 高雄捷運股份有限公司
(高雄捷運)
所属路線 紅線
駅構造 高架駅
ホーム 相対式 2面2線
乗車人員
-統計年度-
1,667人/日(降車客含まず)
-2016年-
乗降人員
-統計年度-
3,172人/日
-2016年-
開業年月日 2008年3月9日
テンプレートを表示
世運駅
各種表記
繁体字 世運站
簡体字 世運站
拼音 Shì yùn Zhàn
(guó jiā tǐ yù yuán qū)
注音符号 ㄕˋ ㄩㄣˋ ㄓㄢˋ
(ㄍㄨㄛˊ ㄐㄧㄚ ㄊㄧˇ ㄩˋ ㄩㄢˊ ㄑㄩ)
発音: シーイン ヂャン
台湾語白話字 Sè-ūn Chām
(kok-ka thé-io̍k hn̂g-khu)
日本語漢音読み せうんえき
英文 World Games Station
テンプレートを表示

目次

駅設計概念編集

本駅は相対式ホームを持つ高架駅で、高雄捷運で第一の高架駅である。初期の計画では高雄捷運全体の精神を表現して、台北捷運剣潭駅と同様に高雄捷運のランドマークとなる様に希望されていた。駅全体の造型と基本設計は中興工程顧問公司の設計で、設計者は鋼鉄や石化等の重厚なテーマではなく、真白なと軽快なマストを青空にそびえさせて高雄人の夢見る海港都市と工業の要衝を表現した。

駅構造編集

駅階層編集

 
跨線橋からホームを望む
地上4階 連絡階 跨線橋
地上3階
コンコース階 案内所、自動改札口自動券売機
相対式ホーム、右側のドアが開く。
1号ホーム 紅線 小港方面左営駅
2号ホーム 紅線 岡山方面油廠国小駅
相対式ホーム、右側のドアが開く。
コンコース階 案内所、自動改札口自動券売機トイレ
地階
出入口 出入口

駅出口編集

出口1、2は駅北端、出口3、4は駅南端にあり、出口にはバリアフリーエレベーターがある。

  • 出口1:左楠路中海路口
  • 出口2:左楠路上
  • 出口3:左楠路中油高雄總廠
  • 出口4:左楠路上

駅周辺編集

利用状況編集

年間利用人員 1日平均
出典 乗車 出典 降車 乗降計 乗車 乗降
2008 [2] 341,774 [2] 318,956 660,730 1,147 2,217
2009 640,778 665,889 1,306,667 1,756 3,580
2010 499,112 479,933 979,045 1,367 2,682
2011 520,714 483,502 1,004,216 1,427 2,751
2012 611,256 616,822 1,228,078 1,670 3,355
2013 575,354 530,215 1,105,569 1,576 3,029
2014 593,977 548,827 1,142,804 1,627 3,131
2015 589,281 551,770 1,141,051 1,614 3,126
2016 610,089 550,971 1,161,060 1,667 3,172
2017 599,280 563,401 1,162,681 1,642 3,185
2018 523,373 457,872 981,245 1,434 2,688

歴史編集

ギャラリー編集

隣の駅編集

高雄捷運
紅線
油廠国小駅 - 世運駅 - 左営駅

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 捷運新站名公佈了 Archived 2011年9月27日, at the Wayback Machine.、高雄捷運公司
  2. ^ a b (繁体字中国語)高雄市交通局 (2019年3月14日). “高雄都會區大眾捷運系統各站旅運量”. 高雄市政府 重要市政統計資料庫查詢. 2019年5月1日閲覧。
  3. ^ 高雄捷運(地下鉄)紅線が開業 2008年3月11日 台北駐日経済文化代表処

関連項目編集

外部リンク編集