丘沢 静也(おかざわ しずや、1947年10月17日 - )は、日本のドイツ文学者首都大学東京名誉教授。

兵庫県神戸市生まれ。東京大学文学部卒、同大学院修士課程修了、東京大学助手、立教大学専任講師、旧・東京都立大学助教授をへて教授。エンデエンツェンスベルガーカフカニーチェルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインなどを翻訳し、自分でも、マンネリズムやがんばらないスポーツの醍醐味を伝えるエッセイを書く。

著書編集

  • 『コンテキスト感覚』 筑摩書房(水星文庫) 1985年
  • 『からだの教養』 晶文社 1989年
  • 『からだの知恵こころの筋肉 泳ぐ・走る・考える』 岩波書店 1990年
  • 『マンネリズムのすすめ』 平凡社新書 1999年
  • 『下り坂では後ろ向きに―静かなスポーツのすすめ』 岩波書店 2012年

翻訳編集

  • 『ベンヤミン著作集 11 都市の肖像』藤川芳朗柴田翔共訳 晶文社 1975年
  • ヴァルター・ベンヤミン『教育としての遊び』晶文社 1981年
  • ルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタイン『反哲学的断章』青土社 1982年
  • イーリング・フェッチャー『だれが、いばら姫を起こしたのか グリム童話をひっかきまわす』筑摩書房 1984年、ちくま文庫 1991年
  • ベンヤミン『ドイツの人びと』晶文社 1984年
  • ミヒャエル・エンデ『オリーブの森で語りあう ファンタジー・文化・政治』岩波書店 1984年 のち同時代ライブラリー
  • ミヒャエル・エンデ『鏡のなかの鏡 迷宮』岩波書店 1985年 のち同時代ライブラリー、岩波現代文庫 2001年
  • ミヒャエル・エンデ『遺産相続ゲーム 五幕の悲喜劇』岩波書店 1986年 のち同時代ライブラリー、岩波現代文庫 2008年
  • ミヒャエル・エンデ『夢のボロ市 真夜中に小声でうたう』岩波書店 1987年
  • エンデ、イェルク・クリッヒバウム『闇の考古学 画家エドガー・エンデを語る』岩波書店 1988年
  • 『ミヒャエル・エンデのスナーク狩り L・キャロルの原詩による変奏』岩波書店 1989年
  • ミヒャエル・エンデ、ヨーゼフ・ボイス『芸術と政治をめぐる対話』岩波書店 1992年
  • 『大きなケストナーの本』シルヴィア・リスト編 初見基共訳 マガジンハウス 1995年
  • 『M.エンデが読んだ本』エンデ編 岩波書店 1996年
  • ウルズラ・ヌーバー『<傷つきやすい子ども>という神話 トラウマを超えて』岩波書店 1997、岩波現代文庫 2005年
  • ハンス・マグヌス・エンツェンスベルガー『数の悪魔 算数・数学が楽しくなる12夜』晶文社 1998年
  • エンツェンスベルガー『ロバートは歴史の天使』晶文社 2001年
  • アクセル・ハッケ『クマの名前は日曜日』岩波書店 2002年
  • マルセル・ライヒ=ラニツキ『とばりを降ろせ、愛の夜よ 20世紀ドイツ文学7人のパイオニア』岩波書店 2004年
  • ケストナー飛ぶ教室光文社古典新訳文庫 2006年
  • カフカ変身・掟の前で、判決、アカデミーで報告する』光文社古典新訳文庫 2007年
  • ロベルト・ムージル『寄宿生テルレスの混乱』光文社古典新訳文庫 2008年
  • エンツェンスベルガー『がんこなハマーシュタイン ヒトラーに屈しなかった将軍』晶文社 2009年
  • カフカ『訴訟』光文社古典新訳文庫 2009年
  • ニーチェ『ツァラトゥストラ』光文社古典新訳文庫(上下) 2010-2011年
  • ローマン&パトリック・ホッケ『「はてしない物語」事典』荻原耕平共訳 岩波書店 2012年
  • ヴィトゲンシュタイン『哲学探究』岩波書店 2013年
  • ヴィトゲンシュタイン『論理哲学論考』光文社古典新訳文庫 2014年
  • ケストナー『ファビアン』みすず書房 2014年
  • ブレヒト『暦物語』光文社古典新訳文庫 2016年
  • ニーチェ『この人を見よ』光文社古典新訳文庫 2016年
  • エンツェンスベルガー『お金の悪魔 フェおばさんの経済学レクチャー』小野寺舞共訳 晶文社 2017年
  • ホーフマンスタール『チャンドス卿の手紙/アンドレアス』光文社古典新訳文庫 2018年
  • ヴィトゲンシュタイン『小学生のための正書法辞典』萩原耕平共訳 講談社学術文庫 2018年
  • カール・マルクスルイ・ボナパルトのブリュメール18日講談社学術文庫 2020年4月
  • レッシング賢者ナータン』光文社古典新訳文庫 2020年11月
  • イマヌエル・カント永遠の平和のために』講談社学術文庫 2022年1月
  • カフカ『田舎医者断食芸人流刑地で』光文社古典新訳文庫 2022年7月