丞相司直(じょうしょうしちょく)は、古代中国の官名。単に「司直」とも言う。

前漢後漢に置かれ、丞相府に属して官僚の監察を行うことを職責とした。秩禄は比二千石(『漢書』百官公卿表上)。

武帝元狩5年(紀元前118年)に設置された。司隷校尉のような他の監察官を含む官僚の監察弾劾を行った。官僚の席次では司隷校尉のよりも上であった(『漢書』翟方進伝)。

哀帝元寿2年(紀元前1年)に丞相が大司徒に改称されてからは大司徒司直と呼ばれ、王莽が簒奪しの時代となっても存在し続けた。

更始帝政権や光武帝政権でも存在したが、後漢の光武帝の建武18年(42年)に廃止された(『続漢書』百官志1)。

後漢末期、献帝建安8年(203年)に復活した。司徒に属せず[1]、中央政府の官を監察した(『続漢書』百官志1注引『献帝起居注』)。

三国時代以降は史上に見えない。

脚注編集

  1. ^ 『三国志』杜畿伝によると杜畿は「司空司直」になっており、司空曹操に属したようである。『後漢書』孝献帝紀によると「丞相司直韋晃」という表記があるので、曹操が丞相となってからは丞相に属したと考えられる。