竜ヶ嵜唯雄

昭和時代の大相撲力士
中山唯雄から転送)

竜ヶ嵜 唯雄(りゅうがさき ただお、1920年1月28日 - 没年不明)は、昭和時代の大相撲力士芝田山部屋から高砂部屋所属。茨城県龍ケ崎市出身。本名は中山 唯雄(なかやま ただお)。最高位は東十両12枚目。得意技は左四つ、寄り、上手投げ。

経歴 編集

横綱宮城山福松の芝田山部屋に入門、1935年5月場所で初土俵を踏む。親方が亡くなり、高砂部屋に移籍した1944年1月場所に十両に昇進するが、応召され全休する。翌5月場所に出場するが2勝8敗と負け越し、幕下に陥落する。その後は勝ち越すことなく、三段目まで陥落した1946年11月場所に廃業。廃業後は広島の野球チームグリーンバーグ(のち結城ブレーブス)に入団、捕手となった。1947年国民野球連盟は解散し、チームも消滅した[1]

主な成績 編集

  • 通算成績:56勝50敗27休 勝率.528
  • 十両成績:2勝8敗15休 勝率.200
  • 現役在位:19場所
  • 十両在位:2場所

場所別成績 編集

竜ヶ嵜 唯雄
春場所 夏場所 秋場所
1935年
(昭和10年)
x (前相撲) x
1936年
(昭和11年)
(番付外) (番付外) x
1937年
(昭和12年)
(番付外) (番付外) x
1938年
(昭和13年)
(前相撲) 東序ノ口13枚目
5–2 
x
1939年
(昭和14年)
西序二段10枚目
1–6 
西序二段41枚目
5–3 
x
1940年
(昭和15年)
東序二段2枚目
4–4 
西三段目58枚目
5–3 
x
1941年
(昭和16年)
東三段目35枚目
4–4 
東三段目15枚目
5–3 
x
1942年
(昭和17年)
西幕下33枚目
4–4 
西幕下29枚目
6–2 
x
1943年
(昭和18年)
西幕下12枚目
5–3 
東幕下8枚目
6–2 
x
1944年
(昭和19年)
東十両12枚目
––
応召
 
東十両12枚目
2–8 
東幕下4枚目
2–3 
1945年
(昭和20年)
x 東幕下8枚目
0–0–5 
西三段目筆頭
2–3 
1946年
(昭和21年)
x 国技館修理
のため中止
東三段目7枚目
引退
0–0–7
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴 編集

  • 竜ヶ嵜 唯雄(りゅうがさき ただお)1935年5月場所 - 1946年11月場所

参考文献 編集

小池謙二『大相撲星取大鑑』昭和編第1巻、医聖社、1986年

出典 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集