< 1946年 | 1946年のスポーツ

1946年の相撲(1946ねんのすもう)は、1946年の相撲関係のできごとについて述べる。

大相撲編集

できごと編集

  • 3月、年寄二所ノ関(元関脇・玉ノ海梅吉)が戦犯容疑で連合軍に呼ばれるが、4月に無罪釈放。元横綱・男女ノ川が衆議院議員選挙に立候補し、落選。
  • 4月、京都準場所、晴天10日間。横綱羽黒山優勝。
  • 6月、国技館の修理工事遅延のため、本場所は戦後初の開催中止。
    • 同月、大阪準場所、晴天11日間、前頭2枚目琴錦優勝。
  • 9月、両国国技館は進駐軍により「メモリアル・ホール」と改称。
  • 11月、メモリアル・ホールで秋場所開催。力道山が新入幕。相撲協会は大蔵省、勧銀と協力し、相撲くじを発売(この場所限り)。場所の11日目に皇太子(現・明仁上皇)が観戦。場所後のメモリアル・ホール土俵で、露払い・照國、太刀持ち羽黒山を従え、双葉山の引退時津風襲名披露大相撲。場所後の番付編成会議で汐ノ海の大関昇進決定。横綱・安藝ノ海引退、年寄不知火襲名。

本場所編集

  • 十一月場所(メモリアルホール、16~26日)
    幕内最高優勝 : 羽黒山政司(13勝0敗,4回目)
    優勝旗手 : 三根山隆司
    十両優勝 : 岩平貞雄(10勝3敗)

参考文献編集

  • 『大相撲戦後70年史』(ベースボールマガジン社、2015年)p37