中山 正(なかやま ただし、1912年7月26日 - 1964年6月5日[1])は日本の数学者。専門は環論表現論

中山 正
人物情報
生誕 (1912-07-26) 1912年7月26日
日本の旗 日本 東京
死没 (1964-06-05) 1964年6月5日(51歳没)
出身校 東京帝国大学
学問
研究分野 環論
表現論
研究機関 プリンストン高等数学研究所
名古屋大学
学位 博士
主な業績 中山の補題 (代数学)
主な受賞歴 日本学士院賞
テンプレートを表示

略歴編集

東京生まれ[1]。1935年、東京帝国大学を卒業[1]。1937年から2年間、プリンストン高等数学研究所に滞在。1941年、大阪帝国大学より博士号を取得[2]。1944年、名古屋大学教授。1954年に日本学士院賞を受賞[3]。代数学における中山の補題で有名。1964年に結核のため死去。

脚注編集

  1. ^ a b c “Obituary: Tadasi Nakayama”, Nagoya Math. J. 27: i–vii, (1966), MR0191789, Zbl 0139.00412, https://projecteuclid.org/euclid.nmj/1118801606  (巻頭に肖像写真あり)
  2. ^ CiNii 博士論文 - On frobeniusean algebras”. 2017年8月17日閲覧。
  3. ^ 恩賜賞日本学士院賞日本学士院エジンバラ公賞授賞一覧”. 2017年8月17日閲覧。

外部リンク編集