中 弘子(なか ひろこ、1959年[1]4月13日 - )は、日本女性アニメーション脚本家埼玉県生まれ。脚本家の荒川稔久は夫[2]

中 弘子
プロフィール
誕生日 (1959-04-13) 1959年4月13日(64歳)
出身地 日本の旗 日本埼玉県
主な作品
アニメクレヨンしんちゃん
テンプレートを表示

人物 編集

元々学生時代はマスコミ志望だった[1]。友人が『新造人間キャシャーン』のファンだったことがきっかけで、中学3年生の頃から同作を制作するタツノコプロに在籍した脚本家の小山高生(当時、小山高男)と文通を始める[1]。大学時代から小山の下で脚本家の勉強を始め、クイズ番組の問題作成や身の上相談番組の悩みを作った[1]。大学卒業後の1982年から小山高男事務所に所属。同年4月放送開始の『手塚治虫のドン・ドラキュラ』で脚本を執筆し決定稿となってデビューする予定が、打ち切りによってデビューが幻となる。そのため、半年後の10月から放送の『一ッ星家のウルトラ婆さん』の第4回がデビュー作となった。しかし同作も10本の脚本を執筆したが、6本が放送されたところで打ち切りの憂き目にあっている[1]

1992年から放送開始の『クレヨンしんちゃん』では、テレビアニメ版の脚本をただ一人、放送開始年(第1話Bパート)から現在まで30年に亘り執筆を続ける。

2011年に発売された「クレヨンしんちゃん メモリアルボックス」の解説書では、放送第1回目Aパートから2014年(840話Bパート)まで脚本に参加した翁妙子とのインタビューが掲載されている[3]

作品リスト 編集

テレビアニメ 編集

1982年
1983年
1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1996年
1997年
1999年
2000年
2001年
2003年
2004年
2006年
2007年
2009年
2013年
2016年

劇場アニメ 編集

2012年

脚注 編集

  1. ^ a b c d e 「プロフェッショナル探訪 Vol.33 中弘子」『アニメージュ』1983年3月号、p.91
  2. ^ 「平成のヒーロー――特撮脚本家対談 INTERVIEW 荒川稔久×會川昇」『平成大特撮1989-2019』別冊映画秘宝編集部編、洋泉社、2019年、p.71
  3. ^ クレヨンしんちゃん★商品情報★ バンダイビジュアル
  4. ^ オヨネコぶーにゃん”. メディア芸術データベース. 2017年10月16日閲覧。
  5. ^ 炎のアルペンローゼ ジュディ&ランディ”. メディア芸術データベース. 2017年10月16日閲覧。
  6. ^ まんがなるほど物語”. メディア芸術データベース. 2017年10月16日閲覧。
  7. ^ 陽あたり良好!”. メディア芸術データベース. 2017年10月16日閲覧。
  8. ^ 魔神英雄伝ワタル”. メディア芸術データベース. 2017年10月16日閲覧。
  9. ^ 新まんがなるほど物語”. メディア芸術データベース. 2017年10月16日閲覧。
  10. ^ 魔動王グランゾート|作品紹介”. サンライズ. 2017年10月16日閲覧。
  11. ^ 妖花マンドラゴラの逆襲”. allcinema. 2017年10月16日閲覧。
  12. ^ 白雪姫の伝説”. メディア芸術データベース. 2017年10月16日閲覧。
  13. ^ シンデレラ物語”. allcinema. 2017年10月16日閲覧。
  14. ^ 各話紹介|サルゲッチュ”. XEBEC 作品リスト. XEBEC. 2017年10月16日閲覧。
  15. ^ あらすじ”. テレビアニメ「LINE TOWN」公式サイト. 2015年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月16日閲覧。

関連項目 編集

外部リンク 編集