メインメニューを開く

中村吉蔵

中村 吉蔵(なかむら きちぞう、1877年5月15日 - 1941年12月24日)は、日本劇作家、演劇研究家。

島根県津和野生まれ[1]。大阪に出て為替貯金管理所に勤めるかたわら、雑誌へ小説を投稿する。23歳で上京し、早稲田大学文学科に入学。在学中から春雨と号して「無花果」など多くの小説を発表。1903年で卒業(27歳)、同年結婚。1906年からアメリカ、ドイツ等を外遊し、雑誌記者や日本人倶楽部の文書係などをしながら、演劇を研究する[2]イプセンの影響を受けた。1909年12月に帰国。1910年、新社会劇「牧師の家」を発表し、新社会劇団を主宰し上演。のち、島村抱月藝術座に参加し、戯曲「剃刀」などを書く。1920年、史劇「井伊大老の死」を歌舞伎座で上演。同年イプセン会を主宰。早稲田大学教授に就任[3]。 晩年は頭山満に親しんだ。1942年、「日本戯曲技巧論」で文学博士号を取得。

著書編集

  • 無花果 中村吉蔵(春雨) 金尾文淵堂 1901.7
  • 小羊 中村春雨 矢島誠進堂 1901.5
  • 雛鳩 中村春雨 金尾文淵堂 1901.12
  • 旧約バイブル物語 中村春雨 冨山房(通俗世界文学) 1903.11
  • 角笛 中村春雨 今古堂 1903.11
  • 司法大臣 中村吉蔵(春雨) 春陽堂 1904.1
  • 女子と宗教 女子修養の鑑 中村春雨・高須梅渓共著 亀井支店書籍部 1906.6
  • 通俗新約物語 中村春雨 金尾文淵堂 1906.2
  • 密航婦 中村春雨 金尾文淵堂 1906.1
  • 炬火 中村春雨 今古堂 1908.5
  • 欧米印象記 中村吉蔵(春雨) 春秋社 1910.6
  • 牧師の家 新社会劇 新橋堂 1910.5
  • 最近欧米劇壇 博文館 1911
  • 最近劇論と劇評 岡村書店 1913
  • イブセン 実業之日本社 1914
  • 新社会劇 南北社 1915
  • 白隠和尚 戯曲集 天佑社 1918
  • 淀屋辰五郎 戯曲 天佑社 1920
  • 井伊大老の死 史劇 天佑社 1920
  • 近代演劇史論 河野義博共著 日本評論社 1921
  • 大塩平八郎 史劇 天佑社 1921
  • 中村吉蔵現代劇選集 大鐙閣 1922
  • 銭屋五兵衛父子 改造社 1922
  • 希臘劇・沙翁劇・近代劇 春秋社(早稲田文学パンフレツト) 1924
  • 戯曲作法 金星堂 1925
  • 道化役者 戯曲集 アルス 1926
  • 中村吉蔵戯曲集 春陽堂 1928
  • 明治畸人伝 戯曲集 雄文閣 1932
  • 戯曲の作法 金星堂 1933
  • 道元の人格とその宗教 仏教聖典を語る叢書 第14巻 大東出版社 1935
  • 演劇独語 学芸随筆 第4巻 東宛書房 1937
  • 頭山満翁伝 演劇研究社 1940
  • 日本戯曲技巧論 中央公論社 1942
  • 中村吉蔵集 坂上書院(昭和演劇新書) 1942
  • 伊藤博文 大日本雄弁会講談社 1942
  • 現代演劇論 豊園社(早稲田演劇協会演劇叢書) 1942
  • 伊藤・東郷・頭山 鶴書房 1943

翻訳編集

  • 犯さぬ罪 マドック 今古堂 1907.7
  • 信仰 小説 レオニード・アンドレーフ 杉本梁江堂ほか 1909.11
  • 欧洲演劇史 ブランダー・マシュース 大日本文明協会事務所 1913
  • 舞踊と歌劇 エテル・エル・ウルリン、アール・エー・ストリートフィルド 大日本文明協会事務所 1913
  • イブセン書簡集 新潮社(新潮文庫) 1914
  • ブランド ヘンリック・イブセン 東亜堂書房 1914
  • 闇の力 トルストイ叢書 第5 新潮社 1917
  • 人形の家 イブセン 新潮社 1922
  • 希臘悲劇六曲 東京堂書店(世界名著叢書) 1922

注釈編集

  1. ^ 中村吉蔵 島根県 2018年7月9日閲覧。
  2. ^ 「新人物立志伝 苦学力行」(1922年)[1]
  3. ^ 「早稲田大学紳士録」昭和15年版[2]