中臣宮地 烏摩侶(なかとみのみやどころ の おまろ、生没年不詳)は、飛鳥時代豪族。名は烏摩呂とも記される。中臣勝海の孫とし、中臣宮地古多比の子とする系図がある。冠位は不明。

出自編集

中臣宮地(宮処)氏は中臣氏の一族とされる天神系氏族[1]。宮地(宮処)の呼称は、和泉国にあった宮処の地名[2]に由来し、具体的には珍努宮の所在地(現在の大阪府泉佐野市上之郷中村)とされている[3]。また、讃岐国山田郡宮所郷を発祥とする説もあるほか[4]中臣勝海の子である古多比の後裔とする系図がある[5]

新撰姓氏録』には、宮処朝臣(大中臣朝臣同祖、天児屋命之後也)[6]、中臣宮処連(大中臣同祖)[1]があり、同族である可能性が高い[3]。氏人に天平元年(729年)に長屋王謀叛密告し、のち斬殺された中臣宮処東人がいる。

経歴編集

推古天皇16年(608年)日本に渡来した使の裴世清難波津に停泊した際に、大河内糠手・船王平とともに朝廷から派遣されて掌客(まろうとのつかさ=接待役)を務めた[7]

推古天皇20年(612年)天皇の母親である堅塩媛欽明天皇改葬した際に、第三番目に大臣蘇我馬子のかわりにを述べ、第四番目を述べた境部摩理勢とともに賞讃されている[8]

系譜編集

  • 父:中臣宮地古多比[5]
  • 母:不詳
  • 妻:不詳
    • 男子:中臣宮地大村[5]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『新撰姓氏録』左京神別
  2. ^ 『住吉大社司解』
  3. ^ a b 佐伯[1994: 347]
  4. ^ 太田[1963: 5948]
  5. ^ a b c 鈴木真年『諸系譜』第8冊,石田氏,中臣宮処連改中臣朝臣
  6. ^ 『新撰姓氏録』和泉国神別
  7. ^ 『日本書紀』推古天皇16年6月12日条
  8. ^ 『日本書紀』推古天皇20年2月20日条

参考文献編集