メインメニューを開く

中西 龍なかにし りょう1928年6月16日 - 1998年10月29日)は、元NHKアナウンサーナレーター東京都出身。

なかにし りょう
中西 龍
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 東京都
生年月日 1928年6月16日
没年月日 (1998-10-29) 1998年10月29日(70歳没)
最終学歴 明治学院大学英文科
所属事務所 ムーブマン
職歴NHKアナウンサー
活動期間 1953年 - 1998年
ジャンル 情報・ドラマ・時代劇
出演番組・活動
過去 鬼平犯科帳など

目次

来歴・人物編集

1953年明治学院大学英文科を卒業し同年、NHK入局(同学年の同僚に鈴木健二がいる)。熊本鹿児島旭川富山名古屋大阪東京などで勤務した。独特の濁り漂う声質と淡々とした話術で『NHKのど自慢』の司会、『ひるのプレゼント』の司会、時代劇文五捕物絵図』、NHK大河ドラマ国盗り物語』、『きらめくリズム』『連続テレビ小説』の語り手、『みんなの茶の間』、文芸作品の朗読などを担当。NHK在職中、美空ひばりの懇願で彼女が歌う民放番組の収録に協力。ライブテープにも声の出演を果たしている。1970年代後半ごろには、週一度の泊勤務の際にNHKラジオ第2放送で22時から放送される気象通報を担当することもあった。

一人称として「私」ではなく「当マイクロフォン」を使った。

1977年から1991年までNHKラジオ第1放送で放送された『にっぽんのメロディー』では、「歌に思い出が寄り添い、思い出に歌は語りかけ、そのようにして歳月は静かに流れていきます。」のオープニングナレーションがリスナーに強い印象を残した。思い入れたっぷりの語り口は、アナウンサーとしては異例ながら、歌謡番組にはぴったりとはまり人気を呼ぶ。1980年前後には、毎年暮に放送される明智小五郎ものの連続ラジオドラマでもナレーターとして名調子を披露。サスペンスの展開を中断して作品当時の流行歌を長々と流すなど、脚本演出も中西をあてこんだ遊びを織り込んでいた。

1984年6月16日、NHKを希望退職。『にっぽんのメロディー』のほか、フジテレビ鬼平犯科帳』やCMのナレーションを担当し、フリーとして活動の場を広げる。

1998年10月29日脳梗塞のため死去。

主な出演番組編集

NHK時代編集

  • NHKのど自慢
  • ひるのプレゼント
  • 文五捕物絵図- ナレーション
  • 大河ドラマ『国盗り物語』 - ナレーション
  • きらめくリズム
  • 連続テレビ小説
  • みんなの茶の間
その他

フリー時代編集

  • にっぽんのメロディー(NHK)
  • 鬼平犯科帳(フジテレビ)ナレーション
  • 木曜スペシャル・これが決定版!プロ野球爆笑珍プレー好プレー(日本テレビ)「プロ野球戦国絵巻・国盗り物語」のナレーション
  • 花のあすか組!(フジテレビ)ナレーション他
  • 大人のふりかけ(永谷園)ナレーション

著書編集

  • ことばつれづれ
  • 続・ことばつれづれ
  • 龍凧あがれ
  • 人を恋い 唄に酔う(1984年)
  • 小さなドラマ(句文集)
  • にっぽんのメロディー 放送詞文集
  • 俳句の手帖(1985年)
  • 俳句の楽しみ方
  • 私の俳句鑑賞(1987年)

関連項目編集

参考文献編集