メインメニューを開く

丸山 昇(まるやま のぼる、1931年5月4日 - 2006年11月26日)は、日本の中国文学者。東京大学名誉教授。

経歴編集

東京府荏原郡池上町(現・東京都大田区)生まれ。1949年東京大学教養学部文科二類入学、1953年東京大学文学部中国文学科卒業、1955年6月7日五十嵐まつと結婚。1961年同大学院博士課程中退。1965年國學院大學文学部専任講師、1967年和光大学人文学部助教授、1972年、東京大学文学部助教授、1981年教授、1992年定年退官後、桜美林大学教授。2002年退職後は桜美林大学名誉教授。2006年肺炎のため逝去。

東京大学在学中より学生運動、社会主義運動に参加した。1951年4月5日、出隆東京都知事選挙の応援中に逮捕され、5月23日に釈放された。1952年のメーデー事件で同年6月1日に自宅で逮捕され、同事件の被告となり、1970年1月まで20年にわたる裁判をおこない勝訴した。

1950年6月19日、日本共産党に入党[1]、生涯党員であった。1980年代以降は日本共産党中央に批判的な評論も発表した。マルクス主義の立場から、魯迅および革命中国文学を研究する。文化大革命期には文革に批判的な立場を貫き、実証研究と内在批判を強調した。1969年4月より始まった中国一九三〇年代文学研究会を実質的に主宰、多くの中国現代文学研究者を育てた。緻密な事実探求をし、文学作品が書かれた歴史状況を再構成するなど「実証」や科学性・客観性を重視しつつ、同時に強い現実批判性を備えているところに特徴がある。

実兄は推理作家・評論家の佐野洋

著書編集

翻訳・編著編集

  • 小城の春秋 (高雲覧 新日本出版社 1964年)
  • わが半生 満州国皇帝の自伝 (愛新覚羅溥儀 新島淳良と共訳 大安 1965年)
  • 郭沫若自伝 (全6巻 小野忍と共訳 1967年-1973年)
  • 周揚著訳論文・周揚批判文献目録 (東京大学東洋文化研究所附属東洋学文献センター 1969年)
  • 魯迅全集注釈索引 (東京大学東洋文化研究所付属東洋学文献センター刊行委員会 1971年)
  • 阿Q正伝 他九編 (魯迅 新日本出版社(文庫) 1975年)
  • 中国現代文学事典 (東京堂出版 1985年)
  • 地図を持たない旅人 ある中国知識人の選択 (蕭乾 花伝社 1992年)
  • 中国現代文学珠玉選 (全3巻、編訳 二玄社 2000年)

参考文献編集

  • 著者略年譜・自撰著訳一覧(丸山昇遺文集第三巻)
  • 馬場久佳「漂流する現代中国文学研究 第一回 現代中国文学研究と戦後日本 丸山昇(一)」『饕餮』第9号(2001年11月、(一)で中絶)
  • 代田智明「思想の非男性的理解について-丸山昇試論」『現代中国とモダニティ〜蝙蝠のポレミーク』(三重大学出版会 2011年3月)所収
  • 竹田晃佐治俊彦尾崎文昭藤井省三長堀祐造及川淳子「先学を語る-丸山昇先生」(『東方学』第133輯、2017年1月)

脚注編集

  1. ^ 馬場久佳「漂流する現代中国文学研究 第一回 現代中国文学研究と戦後日本 丸山昇(一)」