メインメニューを開く

小野 忍(おの しのぶ、1906年(明治39年)8月15日 - 1980年(昭和55年))は日本の中国文学者。文学博士(昭和33年、東京大学)。

略歴編集

東京神田生まれ、広島県呉市出身[1]。1926年に松山高等学校卒業、東京帝国大学文学部支那文学科に入学。塩谷温に学び、1929年(昭和4年)に卒業。アプトン・シンクレアの評伝の翻訳などをした後冨山房に1934年入社し、百科辞典の編纂に携わった他、戦時中には満鉄調査部員として上海に駐在したり、民族研究所嘱託として内モンゴル西北研究所に出向し現地で中国ムスリムの調査に参加するなどした。戦後すぐの1946年(昭和21年)に國學院大學で講師を務めたのを皮切りに、東京大学九州大学京都大学などで非常勤講師、1952年東大東洋文化研究所専任講師、1955年(昭和30年)東京大学文学部助教授、1958年教授。同年5月 東京大学 文学博士 論文は「中国現代文学の研究 」[2]1967年(昭和42年)定年退官、名誉教授、和光大学教授。

著述活動編集

博学で鳴らし、幸田露伴の知遇を得るなど交遊も広かった。語学にも堪能で、中国語、英語、ロシア語を自由に解した。中国現代文学の研究で頭角を現し、翻訳も多数。趙樹理駱賓基茅盾といった、当時日本でまだよく知られていなかった多くの作家たちを世に知らしめた。さらに当時新発見だったテキストによる『金瓶梅』の翻訳(共訳)や、未完には終わったが『西遊記』の翻訳にも着手。異版の多い両著作の校訂版を目指した。

和光大学を退職後、岩波文庫全10巻予定で、『西遊記』の個人全訳を目指していたが、3巻目まで刊行後の1980年に急逝した(4巻目は、ペラ約270枚で未完の原稿が残されていた)。中野美代子が引き継ぎ再開、1986年に第4巻を刊行(完結は1998年)。

小野忍の蔵書はその死後、和光大学附属梅根記念図書館に収められた。

著書編集

編著編集

  • 『角川漢和中辞典』 貝塚茂樹, 藤野岩友と共編 角川書店, 1959年
  • 『世界のことわざ辞典』 宮内秀雄, 三木孝と共編 福音館書店, 1964年。永岡書店, 1975年

訳書編集

単独訳で、平凡社東洋文庫角川文庫<縮約版>、平凡社ライブラリー
平凡社全3冊 1962年 新版が「中国古典文学大系」全3冊.岩波文庫全10巻 1973-4年
  • 趙樹理 『結婚登記 小説 他四篇』 岩波新書 1953年
  • 茅盾 『腐蝕』 筑摩書房 1954年
『腐蝕 ある女の手記』 岩波文庫 1961年
  • 駱賓基『北望園の春 他五篇小説』岩波新書 1955年
  • 現代中国文学全集・趙樹理 河出書房、1956 
『李家荘の変遷』 岩波文庫 1958年

脚注編集

  1. ^ 『新・人国記』 朝日新聞社 1963年5月 271頁
  2. ^ 博士論文書誌データベース

参考文献編集

  • 「小野忍先生追悼録」, 『東方学』第62号, 1981年7月
  • 「追悼 故小野忍教授」, 『和光大学人文学部紀要』第16号, 1981年
  • 斎藤秋男「追悼・小野忍さん--一周忌を前にして」, 『中国研究月報』第405号, 1981年11月