丹羽 秀延(にわ ひでのぶ)は、江戸時代中期の大名陸奥国二本松藩の第4代藩主。通称は五郎三郎。官位従四位下左京大夫。丹羽家第5代。

 
丹羽秀延
丹羽秀延.jpg
丹羽秀延
時代 江戸時代中期
生誕 元禄3年(1690年
死没 享保13年5月5日1728年6月12日
改名 尹重(幼名)、秀延
別名 通称:五郎三郎
戒名 泰雲院殿鐵山玄榮大居士
墓所 福島県二本松市の大隣寺
官位 従五位下左京大夫従四位下
幕府 江戸幕府
主君 徳川綱吉家宣家継吉宗
陸奥二本松藩
氏族 丹羽氏
父母 丹羽長之:松木氏
兄弟 秀延丹羽高寛正室
正室阿部正邦
養子高寛
テンプレートを表示

略歴編集

第3代主・丹羽長之の長男。母は家女房の松木氏。初名は尹重。正室は阿部正邦の娘。

元禄14年(1701年)2月3日、父・長之の死により家督を相続する。同年2月15日、5代将軍・徳川綱吉にお目見えする。元禄16年12月21日、従五位下左京大夫に叙任する。宝永5年(1708年)12月18日、従四位下に昇進した。

享保13年(1728年)に死去した。戒名は泰雲院殿鐵山玄榮大居士。墓所は福島県二本松市の大隣寺。

子に恵まれず、藩祖・丹羽長秀の六男で旗本1500石となった丹羽長紹(丹羽長次)の子孫・長道の長男・高寛を末期養子に迎えた。

関連項目編集