丹羽 高寛(にわ たかひろ)は、江戸時代中期の大名陸奥国二本松藩の第5代藩主官位従四位下左京大夫。丹羽家第6代。長崎奉行などを務めた丹羽長守の孫。

 
丹羽高寛
丹羽高寛.jpg
丹羽高寛
時代 江戸時代中期
生誕 宝永4年(1707年)または宝永5年1月27日1708年2月18日)とも
死没 明和6年6月29日1769年8月1日
改名 高寛、豁如(号)
別名 百介、五郎左衛門
戒名 大嶽院殿豁如了然大居士
墓所 福島県二本松市の大隣寺
官位 従五位下左京大夫従四位下
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗
陸奥二本松藩
氏族 丹羽氏
父母 丹羽長道:沢井氏
養父丹羽秀延
正室丹羽長之の娘
側室:久保氏
高庸生駒親信津田正安安藤定慶阿部正右正室、稲葉正益継室、西尾忠雅正室、丹羽長裕室、小浜致隆正室、菅谷政常正室
テンプレートを表示

生涯編集

享保7年(1722年)3月28日、旗本丹羽長道(藩祖・丹羽長秀の6男で1500石の旗本となった丹羽長次の子孫)の嫡子として、第8代将軍・徳川吉宗に初御目見する。享保13年(1728年)6月25日、先代藩主・丹羽秀延の死により、末期養子として家督を継いだ。同年7月1日、改めて徳川吉宗に御目見する。同年9月7日、従五位下左京大夫に叙任する。享保15年6月23日、陸奥国伊達郡信夫郡の幕領5万石を預けられる。享保19年12月18日、従四位下に昇進する。寛保2年(1742年)11月17日、預かり地を幕府に返還する。

老臣の丹羽忠亮と共に綱紀粛正と文武の奨励に取り組み、儒者の桂山彩厳の推挙により、岩井田昨非を召抱える。

延享2年(1745年)5月9日に病気のため隠居し、長男・高庸に家督を譲った。隠居後、豁如と号する。明和6年(1769年)に死去した。

逸話編集

寛延2年(1749年)、昨非の献策により、二本松城前に藩士たちへの戒めのため「戒石銘碑」を彫らせた。

爾俸爾禄 民膏民脂 下民易虐 上天難欺
(爾の俸、爾の禄は 民の膏 民の脂なり 下民は虐げ易きも 上天は欺き難し)

と刻まれており、藩政改革と綱紀粛正の指針を示した。

系譜編集

関連項目編集