丹羽 高庸(にわ たかやす)は、江戸時代中期の大名。通称は百介、五郎左衛門。陸奥国二本松藩6代藩主。官位従四位下若狭守。丹羽家第7代。

 
丹羽高庸
丹羽高庸.jpg
丹羽高庸
時代 江戸時代中期
生誕 享保15年2月9日1730年3月27日
死没 明和2年12月14日1766年1月24日
別名 百介、五郎左衛門(通称)
戒名 大洞院殿柏庭宗樹大居士
墓所 福島県二本松市の大隣寺
官位 従五位下若狭守従四位下
幕府 江戸幕府
主君 徳川家重家治
陸奥二本松藩
氏族 丹羽氏
父母 丹羽高寛、久保氏
兄弟 高庸生駒親信津田正安安藤定慶
阿部正右正室、稲葉正益継室、
西尾忠雅正室、丹羽長裕室、
小浜致隆正室、菅谷政常正室
徳川宗直八女達姫、宮沢氏
長貴長恒中川久徳正室、利恵姫、
喜姫、太田資順正室、本多助受正室
テンプレートを表示

略歴編集

第5代主・丹羽高寛の長男として誕生。母は久保氏。生年は享保13年(1728年)とも。

寛保元年(1741年)4月13日、8代将軍・徳川吉宗にお目見えする。同年12月25日、従五位下若狭守に叙任する。延享2年(1745年)5月9日、父・高寛の隠居により、跡を継ぐ。延享4年(1747年)に幕府より木曽川・長良川・揖斐川の3河川治水工事の御手伝普請を命じられた(宝暦治水事件)。寛延3年(1750年)12月18日、従四位下に昇進する。明和2年(1765年)、父・高寛に先立って死去し、長男・長貴が跡を継いだ。戒名は大洞院殿柏庭宗樹大居士。墓所は福島県二本松市の大隣寺。

系譜編集