メインメニューを開く

久川 藤太郎(ひさかわ とうたろう、安政5年4月4日1858年5月16日) - 昭和13年(1938年7月21日)は、稲荷藤節をあみだした人物。

ひさかわ とうたろう
久川藤太郎
生年月日 (1858-05-16) 1858年5月16日
没年月日 (1938-07-21) 1938年7月21日(80歳没)
出身地 日本の旗 日本前橋市上増田町
配偶者 久川やい
テンプレートを表示

人物編集

勢多郡木瀬村増田現在前橋市上増田町で生まれた藤太郎は、生まれつき美声の持ち主であった。[1]  若い頃から盆踊り唄を近くの村で歌い歩き評判となっていた。

その後、七七調の口説節を自ら編み出した。

藤太郎が編み出した盆踊りが稲荷藤節と呼ばれるのは、久川藤太郎の屋敷に稲荷様が祭ってあり、村人は彼のことを「稲荷の藤さん」と呼び、彼の生み出した盆踊りとあってかいつの間にか稲荷藤節と呼ばれるようになった。

一番弟子に荒口町の田村利忠太がおり、ニ代目を泉沢町の小沼徳三郎が継ぐ。

稲荷藤節編集

この盆踊唄は明治初期から勢多郡佐波郡前橋などで利根川を運行する船頭などの間で広く唄われた。

稲荷藤節を歌い出すときは「私しや増田の稲荷藤が弟子で」と言う。

この歌も大正中頃八木節の流行に押され衰退の一途をたどるに至った。

しかし、1973年昭和48年)に前橋土芸能大会に参加出場し、青年や婦人会の人々によって披露され高く評価を得て、現在も盛んに行われている。

出典編集

  1. ^ 前橋市教育委員会-全国遺跡報告総覧より引用