メインメニューを開く

松平 勝行(まつだいら かつゆき)/久松 勝行(ひさまつ かつゆき)は、江戸時代後期の大名下総国多胡藩7代藩主。官位従五位下豊後守大蔵少輔

 
松平勝行/久松勝行
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 天保3年3月26日1832年4月26日
死没 明治2年8月5日1869年9月10日
改名 源三郎(幼名)→松平勝行→久松勝行
戒名 徳善院慈隣城山大居士
墓所 東京都豊島区巣鴨の白泉寺
官位 従五位下豊後守大蔵少輔
幕府 江戸幕府
主君 徳川家慶家定家茂慶喜明治天皇
下総多胡藩
氏族 久松松平家康俊流→久松氏
父母 父:松平勝権
正室:本多忠考五女・栄子
勝慈勝定勝栄

生涯編集

天保3年(1832年)3月26日、6代藩主・松平勝権の長男として誕生。嘉永元年(1848年)10月7日、父の隠居により家督を継ぎ、12月16日に従五位下・豊後守に叙位・任官する。

ところが嘉永2年(1849年)7月、幕府より預かっていた罪人の神代徳次郎に脱走されるという失態を犯した。神代は8月に京都で捕縛されたが、この失態により江戸町奉行遠山景元によって12月19日に閉門処分に処され、家臣団も処罰の対象となった。さらに領地替の名目で領地を替えられて、実高において2000石の減封となった。嘉永3年(1850年)5月22日に閉門処分を解かれている。

安政2年(1855年)2月2日に大坂加番に任じられ、文久2年(1862年)閏8月19日に二条城定番に任じられる。幕末期は九十九里直忠組の反乱鎮圧で功を挙げ、元治元年(1864年)7月21日に大蔵少輔に遷任する。慶応3年(1867年)4月に日光祭礼奉行に任じられた。

戊辰戦争時の慶応4年(1868年)2月、徳川将軍家との訣別を示すために姓を松平から久松に改めた。明治2年(1869年)6月の版籍奉還で多胡藩知事に任じられるが、直後の8月に死去した。享年38。家督は長男・勝慈が継いだ。