領域編集

臼杵-八代構造線(中央構造線)を北限とし、宮崎平野北部の断層線、小林盆地北部、川内川流域北部を南限とする領域に広がる。大分県南部、熊本県球磨地方、宮崎県北部、鹿児島県薩摩地方にまたがる[1][2][3][4]

一般に九重山阿蘇山霧島山は九州山地には含まれない。

九州山地に含まれる山塊・山地編集

盆地・峠など編集

米良荘(西米良村)、五家荘(八代市)、椎葉(椎葉村)など、険しい地形によって隔絶された集落が散在する。

地質編集

九州山地の地層は臼杵-八代構造線や仏像構造線に沿って縞状に分布している。ほぼ全域が秩父帯および四万十層群と呼ばれる地層群を基盤とし、四万十層群は北から佐伯帯、蒲江帯、延岡帯に細分される。ただし、南西部は火山噴出物で覆われている部分が多くこれらの地層帯は明瞭ではない[6]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 町田洋他編 『日本の地形 7 九州・南西諸島』 東京大学出版会、2001年、ISBN 4-13-064717-2
  2. ^ 谷岡武雄、山口恵一郎監修『コンサイス日本地名事典 第4版』 三省堂、1998年、ISBN 4-385-15327-2
  3. ^ 渡辺光他編 『日本地名大事典 1 九州』 朝倉書店、1967年
  4. ^ 国立天文台編 『理科年表 2005年』 丸善、2004年、ISBN 4-621-07487-3
  5. ^ a b c d e f g h i j 九州の主な山岳標高一覧 国土地理院
  6. ^ 松本達郎ほか 『日本地方地質誌 九州地方』 朝倉書店、1973年。

関連項目編集