九州総合スポーツカレッジサッカー部

九州総合スポーツカレッジサッカー部(きゅうしゅうそうごうスポーツカレッジサッカーぶ)は、大分県宇佐市にある学校法人吉用学園が運営する専修学校九州総合スポーツカレッジ」のサッカークラブである。

九州総合スポーツカレッジサッカー部
原語表記 九州総合スポーツカレッジサッカー部
愛称 tricoFC
クラブカラー  
創設年 2005年
所属リーグ 大分県社会人サッカーリーグ
所属ディビジョン 1部
ホームタウン 大分県宇佐市
運営法人 学校法人吉用学園 九州総合スポーツカレッジ
監督 日本の旗 金本圭太
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

概要と歴史編集

チームの創部は、同校が開校した2005年。大分県社会人サッカーリーグ3部に加盟し、8試合71得点無失点で全勝優勝、特例で翌2006年から1部に昇格する。

1部昇格した2006年に、10戦全勝優勝、九州各県リーグ決勝大会に進出したが、熊本教員蹴友団に初戦で敗れ、九州サッカーリーグ昇格を逃す。

2007年は8勝2敗で3位に終わるが、2008年、9勝1分の成績で2年ぶりに優勝。2009年1月10日から行われた九州各県リーグ決勝大会で優勝し、創部5年目にして九州リーグに初昇格。

昇格初年の2009年、続く2010年と2年連続で最終順位4位となったものの、その後は年々順位を下げ、5シーズン目となる2013年には10クラブ中最下位となり九州リーグから降格。2014年から6シーズンぶりに大分県リーグ1部に参加することとなった。

大分県リーグ1部では4年連続準優勝と優勝にあと一歩届かない成績が続いたが、2018年の県リーグでは10戦無敗で10年ぶりの優勝。2019年1月に行われた九州各県リーグ決勝大会で2度目の優勝を果たし、6年ぶりの九州リーグ復帰を決めた。

2019年の九州リーグでは開幕から5連敗。第6節のNIFS KANOYA FC戦に勝利しようやくシーズン初勝利を挙げたものの、90分での勝利は結局この1試合のみ。7連敗の後川副クラブに1-1からPK戦の末勝利したもののその後4連敗でシーズンを終え、1勝1PK勝16敗の勝点5、9位の九州三菱自動車サッカー部に勝点差12をつけられる大差の最下位に終わり、1シーズンで大分県1部リーグに降格となった。

Jリーグ大分トリニータの特別提携校であり、監督の金本圭太のほか、プロ経験を持つ監督コーチによる指導が行われている。

戦績編集

所属 順位 勝点 試合 得点 失点 監督
2005 大分県3部 優勝 27 9 9 0 0 71 0 71 金本圭太
2006 大分県1部 優勝 30 10 10 0 0 43 6 37
2007 3位 24 10 8 0 2 54 10 44
2008 優勝 10 28 9 1 0 50 3 47
所属 順位 勝点 試合 90分勝 PK勝 PK負 90分負 得点 失点 監督
2009 九州 4位 25 16 6 3 1 6 36 35 1 金本圭太
2010 4位 21 16 5 2 2 7 30 41 -11
2011 5位 26 18 8 0 2 8 43 44 -1
2012 8位 16 18 4 1 2 11 36 54 -18
2013 10位 13 18 2 3 1 12 25 95 -70
所属 順位 勝点 試合 得点 失点 監督
2014 大分県1部 2位 22 10 7 2 1 19[1] 5 14 金本圭太
2015 2位 19 10 6 1 3 4[1] 3 1
2016 2位 24 10 8 0 2 9[1] 4 5
2017 2位 20 10 7 1 2 12[1] 4 8
2018 優勝 28 10 9 1 0 14[1] 4 10
所属 順位 勝点 試合 90分勝 PK勝 PK負 90分負 得点 失点 監督
2019 九州 10位 5 18 1 1 0 16 12 61 -49 金本圭太
所属 順位 勝点 試合 得点 失点 監督
2020 大分県1部 4位 14 10 4 2 4 2[1] 7 -5 金本圭太

グラウンド編集

九州総合スポーツカレッジキャンパス(宇佐市)内に設置。日本サッカー協会公認のロングパイル人工芝フィールド1面と、第2グラウンド1面がある。

出身者編集

主なタイトル編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 後期・上位リーグ3試合のみの成績(前期リーグの勝ち点は後期に持ち越しとなるが、得失点差は後期のみの成績で順位を決定するため)。

外部リンク編集