メインメニューを開く

五明楼玉輔

五明楼 玉輔(ごめいろう たますけ)は、落語名跡。5代目死後は空位。旧字体は五明玉輔。

なお、平成に入ってから春風亭あさ市が、真打昇進時に五明樓玉の輔と改名している。(6代目とは名乗っていない)

目次

初代編集

初代 五明楼 玉輔ごめいろう たますけ
本名 津国屋 長兵衛
生年月日 1802年
没年月日 1868年5月30日
出身地   日本
師匠 船遊亭扇幸
初代金原亭馬生
2代目立川焉馬
桃林亭東玉
名跡 1. 船遊亭秀幸
2. 福内庵馬長
3. 初代鈴々舎馬風
4. 2代目金原亭馬生(1838年 - 1844年)
5. 初代立川玉輔(1844年 - 1852年)
6. 初代五明楼玉輔(1852年 - 1866年)
7. 連城亭玉童(1866年 - 1868年)
活動期間 ? - 1868年
家族 4代目船遊亭扇橋(息子)
所属 馬派
主な作品
鬼笑福茶釜

初代 五明楼 玉輔(1802年(逆算) - 1868年5月30日)本名は津国屋長兵衛(長三郎)。

船遊亭(萬笑亭)扇幸の門下で秀幸を名乗る。のちに初代金原亭馬生門下で福内庵馬長から初代鈴々舎馬風1838年1839年ころに2代目金原亭馬生1844年に2代目立川焉馬講談師桃林亭東玉に師事し初代立川玉輔、1852年に初代五明楼玉輔、このころ湯島天神境内の蔭間茶屋「津国屋」に入夫。1866年1867年ころに連城亭玉童と改名。

講談時代は義士伝を得意とした。噺本「鬼笑福茶釜」を残す。

4代目船遊亭扇橋は実子。弟子には馬扇改め2代目金原屋馬之助(漆屋万蔵)、初代花林花鏡林々舎馬勇(水沢長三郎)、2代目玉輔、2代目古今亭志ん生らがいる。

2代目編集

2代目 五明楼 玉輔ごめいろう たますけ
本名 鈴木 重蔵
生年月日 1828年
没年月日 1897年9月16日
出身地   日本
師匠 初代雀屋翫之助
初代五明楼玉輔
三遊亭圓朝
初代三遊亭圓遊
名跡 1. 雀家?志う鶴
2. 五明楼国輔
3. 2代目五明楼玉輔
4. 五明楼東雲
5. 梅の家東司
6. 三遊亭圓叟
7. 三遊亭玉童
8. 三遊亭鼻光
9. 三遊亭五明老
10. 玉の家梅翁

2代目五明楼玉輔(1828年 - 1897年9月16日)本名は鈴木重蔵。

安政頃に初代雀屋翫之助の門下で雀家?志う鶴、万延から文久頃に初代玉輔門下で五明楼国輔、を経て慶応末に2代目玉輔を襲名。明治維新後一時廃業するが後に五明楼東雲、梅の家東司などで山の手や端席に出る、1882年(または1883年)に三遊亭圓朝門下で圓叟から玉童、1887年?に初代三遊亭圓遊の門下で鼻光、1890年?に三遊亭五明老から1892年6月に玉の家梅翁と名乗り隠居した。初代同様に義士伝を得意とした。弟子には初代三遊亭遊三らがいる。

3代目編集

3代目 五明楼 玉輔ごめいろう たますけ
本名 川村 赤吉
生年月日 1847年2月26日
没年月日 (1918-10-19) 1918年10月19日(71歳没)
出身地   日本
師匠 3代目金原亭馬生
名跡 1. 金原亭馬勢(時期不明)
2. 2代目金原亭馬きん(? - 1876年)
3. 3代目五明楼玉輔(1876年 - 1900年)
4. 大箆坊寿観(1900年 - ?)
5. 3代目五明楼玉輔(? - 1906年)
活動期間 ? - 1906年
家族 初代金原亭馬きん(父)

3代目五明楼 玉輔(1847年2月26日 - 1918年10月19日)本名は川村赤吉。

父は初代金原亭馬きん、母は2代目志ん生の姉、甥に活動弁士松井翠声3代目金原亭馬生の門下で馬勢、まもなく父が亡くなり2代目馬きんを襲名、地方ドサ廻りを経て1875年1876年ころに東京に戻り3代目玉輔を襲名、1900年6月講釈師となり大箆坊寿観、後に玉輔に戻り1906年には病気で引退。弟子に3代目人情亭錦紅五明楼国輔(青柳茂蔵)、五明楼玉若(後の新派俳優福井茂兵衛)、2代目松柳亭鶴枝らがいる。

4代目編集

4代目 五明楼 玉輔ごめいろう たますけ
本名 原 新左衛門
生年月日 1856年10月
没年月日 1935年5月24日
出身地   日本
師匠 2代目古今亭志ん生
名跡 1. 古今亭志ん好(1875年 - 1876年)
2. 古今亭志ん多(1876年 - 1893年)
3. 古今亭新左衛門(1893年)
4. 古今亭今朝(1893年 - 1905年)
5. 五明楼春輔(1905年 - 1906年)
6. 4代目五明楼玉輔(1906年 - 1935年)
活動期間 1875年 - 1935年
所属 大阪三友派

4代目五明楼玉輔(1856年10月 - 1935年5月24日)本名は原(一時平野)新左衛門。

江戸の原大隅守の旗本の家に生まれ、維新後商人をやったが長続きせず、1875年に2代目古今亭志ん生の門下になり、古今亭志ん好から1876年西南戦争に従軍し、兵役後、志ん多、1893年8月に本名からとった古今亭新左衛門、同年10月?に古今亭今朝、明治30年代は大阪三友派でも活躍、1905年1月?に五明楼春輔を経て1906年11月に4代目玉輔を襲名。得意ネタは「小言念仏」、そのため「小言念仏の玉輔」と呼ばれる、また風貌から「かっぱの玉輔」とも呼ばれた。晩年は柳家金語楼の一座にいた。墓石は日暮里の善性寺で「柳家金語楼建之」と刻まれている。戒名は「清明院玉輔信士」。

実子は五明樓玉の助

5代目編集

5代目五明楼玉輔 - 後の2代目柳亭市馬

出典編集

  • ご存じ古今東西噺家紳士録