井田喜明(いだ よしあき、1941年10月4日[1]- )は、日本の地球科学者、東京大学兵庫県立大学名誉教授。

東京生まれ。1965年東京大学理学部物理学科卒業、1970年同大学院理学系研究科地球物理学博士課程修了、「地球を構成する物質の熱力学的および統計力学的原理について」で理学博士。1971年マサチューセッツ工科大学助手、1972年東京大学物性研究所助手、77年同海洋研究所助教授、85年同地震研究所助教授、86年教授、2002年定年退官、名誉教授、姫路工業大学教授、2004年校名変更で兵庫県立大学教授。2007年同名誉教授。アドバンスソフト株式会社研究顧問[2]日本火山学会会長、火山噴火予知連絡会会長なども務める。専門は固体地球物理学[3]

著書編集

  • 『地震予知と噴火予知』ちくま学芸文庫 2012
  • 『自然災害のシミュレーション入門』朝倉書店 2014
  • 『地球の教科書』岩波書店 2014
  • 『人類の未来と地球科学』岩波書店 岩波現代全書 2016

共編著編集

翻訳編集

  • ロバート・デッカー,バーバラ・デッカー『火の山 噴火の驚異とメカニズム』西村書店、1995

論文編集

脚注編集

  1. ^ 「著作権台帳」
  2. ^ アドバンスソフト
  3. ^ 『地震予知と噴火予知』著者紹介