メインメニューを開く

概要編集

 
京見峠横に置かれた石碑

長坂峠(ながさかとうげ)とも呼ばれる[1]京都府道31号西陣杉坂線(長坂)上に位置する、標高446mの峠である。西賀茂鑓磨岩(にしがもやりとぎいわ)と大宮釈迦谷とを隔てている。若狭国方面から上洛する際、最初に京の街を見下ろすことができた峠として知られており、そこからこの名がついたという[2]

軍記物語『太平記』には、「京中を足下に見下」ろせる峠という記述があり、また「延元元年(1336年)、後醍醐天皇方の兵が、室町幕府を開いた足利尊氏らとの洛中合戦にあたり、京都への北の要所として京見峠に陣を張った」という内容の文章が記されている。また南北朝時代「北朝文和2年(1353年9月)、供御人等が毎夜多量の材木を荷担いして都へ運び、夜中売買をなし、或いは買手を官木御用地の小野山に入れて毎日伐採して数百荷を販売(盗伐販売)したと記録報告がある。さらに応仁の乱(1467年)以降、鷹峰から長坂口を経て若狭、丹波方面へ通じる戦略上の拠点とされ、城が各所に構えられ、その1つが長坂城と後にこの峠から氷室道を登ったところに別の山城が構築された。室町時代には、関所も置かれた古くからの要所であった[3][4]。 一方、「明応年間(1492年頃)年末に「無人となっている京見峠の関に代官を派遣することを要望」する書が残っているが、この関所は峠から南へ下った堂の庭に置いた「京見峠の関」である。 中世には大徳寺の寺領となり、「普明庵」(ふみょうあん)、「寸松庵」(すんしょうあん)、「寒松庵」(かんしょうあん)と呼ばれる末寺が建ったとされる[5]。 近年の「明治35年(1902年)、梅ヶ畑、中川、小野経由の周山街道新道(現国道162号線)が開通するまで、若狭街道、または山国街道、西の鯖街道ともいい若狭小浜から都、京に海産物や諸々の品を夜を徹して運んだとされ、この京見峠付近で荷駄から天秤棒の人手輸送に積み替えたといわれている。

江戸時代に創業したという一軒の茶屋の建物が近年まで峠に残っており、古くからの歴史の痕跡を今なお残している[2][6]が、茶屋の営業は2011年に終了しいる。

横の石碑には、京都の詩人・島岡剣石(しまおかけんせき)が、辛夷(こぶし)の花の咲く頃(3月から5月にかけて)に、この地で詠んだ歌が刻まれている。

うつせみの 寂しさ故に おく山の こぶしは白く 鎮もりて咲く

道路状況編集

 
京見峠からの眺め 杉に遮られて眺望が失われている
 
杉阪の舟水

車両通行が可能な峠である。しかし、隣接する峠同様に狭路であり、ヘアピンカーブの膨らみを利用して離合するしかない区間もある。京都市街地から比較的近いこともあり、道幅のわりには交通量が非常に多い。かつては夜景の名所とされ[7]、夜間に渋滞することもあった[8][9]

ごみの不法投棄問題編集

この付近の道路下に大型家電を始め、ビニール袋や空き缶などの多くのごみが不法投棄されている。監視カメラや不法投棄防止ネットがつけられるとともに、地域のボランティアや関連行政機関で構成された「北区不法投棄防止協議会」により、ごみ回収作業が随時行われている[10][11]。ごみ回収作業によるごみ袋は、毎年30袋以上になるという[12]

2005年平成17年)頃以降、京見峠では杉を始めとする針葉樹が生い茂り、かつては京都市街地が一望できたという眺望が、完全に遮られている。これは、眺望目的に訪れる人々が増えることにより、ごみの一層の増加を懸念する地権者が、杉などを植えて眺望を閉ざす一方で、その伐採を見送っているためである。今のところ伐採される予定はないという[12]

京見峠の水編集

正式には杉阪の船水(すぎさかのふなみず)[13]と称し、一般的に「京見峠の水」として親しまれている。京見峠の北西約800m、府道沿い西側に位置する。大日如来石仏が祀られる傍ら、石組みの放水口が設置されており、飲用可能な清水が流れ出ている。

隣接する峠編集

  • 前坂
  • 別の「京見峠」 脚注4の太平記に記述された京見峠は現在の嵐山高尾ドライブウェイ中の「菖蒲谷池」と嵯峨野を結ぶ山道に存在する峠を「京見峠」と呼び、この峠を記述したと推測される可能性がある。

脚注編集

  1. ^ 長坂峠は、氷室道との分岐箇所、「氷室別れ」三叉路付近とされることもある
  2. ^ a b 京都鴨川風光*京見峠
  3. ^ 昭和53年10月 京見峠歌碑建立委員会
  4. ^ 「遣其勢百余騎、白昼ニ京中ヲ打通テ、長坂ニ打上ル。(中略)千余騎、京中ヲ足ノ下ニ見下シテ、京見峠、嵐山、高雄、栂尾ニ陣ヲトル」
  5. ^ 『ビジュアルガイド 京都の大路小路』 長坂越 (小学館、2003年)
  6. ^ 関西電力 原子力事業本部 -創刊30周年記念特別企画 鯖街道(若狭~京都)
  7. ^ 京見峠横に設置された説明札より
  8. ^ 夜景ワールド 京見峠
  9. ^ Mysterious Tales 京見峠
  10. ^ 京都市情報館 北区役所 区長の日記バックナンバー 18
  11. ^ 京都市情報館 北区役所 区長の日記バックナンバー 38
  12. ^ a b 『京見峠、杉伸び京見えず ごみ投棄多く伐採見送り』 京都新聞2011年1月12日
  13. ^ 北区のスポット案内 - 京都市北区 歩くマップ

関連項目編集