メインメニューを開く

京須 行男(きょうす ゆきお、1914年大正3年)1月23日 - 1960年昭和35年)5月2日)は、将棋棋士。八段(追贈)。宮松関三郎八段門下。千葉県一宮町出身。日本将棋連盟理事・奨励会幹事を務めた。

人物編集

1938年、宮松関三郎門下となる。1943年に四段に昇段。戦後の1946年順位戦C級クラスに参加し、B級へ昇級するなど活躍していたが、1959年のB級2組在籍中に癌性肋膜炎を患い引退。翌年、わずか46歳で死去。

娘の子が十八世名人有資格者の森内俊之である。つまり、森内俊之にとって母方の祖父に当たる。

昇段履歴編集

  • 1938年 入門
  • 1943年 四段
  • 1947年5月10日 五段(順位戦C級下位)
  • 1948年4月1日 七段へ跳び昇段(順位戦B級昇級)
  • 1960年5月2日 現役のまま死去
  • 1973年11月3日 八段(表彰感謝の日表彰 追贈)

関連項目編集