人体解剖学

人体の器官や組織に関する学問

人体解剖学(じんたいかいぼうがく、英語:human anatomy)とは、人体に関する解剖学。人体の器官や組織に関して研究する学問(組織学細胞学は除く)。

人体解剖学の歴史編集

記録に残っている最初の解剖学の学派学校)は、ヘレニズム時代紀元前4世紀後半から2世紀にかけてアレクサンドリアで形づくられたものである[1]プトレマイオス1世紀元前367年 - 紀元前282年)による統治時代(紀元前305年 - 紀元前282年)から、医療関係者は人体がどのように機能するか学ぶ目的で死体を切り開いて調べることを許可された。 解剖学的研究のために生きた人体を使用(生体解剖)した最初の事例は、プトレマイオス朝時代、アレクサンドリアで犯罪者とされた者を生きたまま解剖することが許可された事例であり、この生体解剖はヘロフィロスエラシストラトスによって行われた。

特にヘロフィロスが人体の実際の構造を観察することで多くの新たな知見を得て一連の解剖学的知識としてまとめた。ヘロフィロスは、アリストテレスによる「心臓が知性の座」という説の代わりに、脳が知性の座だという説を提唱した[2]。 また、静脈動脈の違いについても記述を残し、人体の構造、その中でも特に神経系について正確な観察を行った[3]

人体解剖学の種類、下位分類編集


現在の知見編集

人体の主な系統編集

器官の分類編集

見かけ上の分類外側内側

五体による分類編集


上肢・下肢による分類編集

細かい分類編集

臓器編集

機能上の分類

器官編集

脚注編集

  1. ^ Siddiquey, Ak Shamsuddin Husain (2009). "History of Anatomy". Bangladesh Journal of Anatomy. 7 (1): 1–3. doi:10.3329/bja.v7i1.3008
  2. ^ Singer, Charles (1957). A Short History of Anatomy & Physiology from Greeks to Harvey. NEw York: Dover Publications Inc. p. 29.
  3. ^ Bay, Noel Si-Yang; Bay, Boon-Huat (December 2010). "Greek anatomist herophilus: the father of anatomy". Anatomy & Cell Biology. 43 (4): 280–283. doi:10.5115/acb.2010.43.4.280. ISSN 2093-3665. PMC 3026179. PMID 21267401.

関連項目編集

外部リンク編集

学会
その他