メインメニューを開く
NHK熊本放送局(総合・Eテレ・FM)およびエフエム熊本(FMK)の鉄塔(2018年)
民放テレビ各局およびRKK熊本放送のFM補完中継局(2018年)
KKT熊本県民テレビおよびKAB熊本朝日放送のかつてのアナログテレビ中継局(2018年)

人吉中継局(ひとよしちゅうけいきょく)は、熊本県人吉市及び同球磨郡錦町に置かれているテレビジョン放送・ラジオ放送の中継局である。

概要編集

熊本県球磨地方の中核中継局として位置づけられている。人吉市自体が盆地に位置することもあって、中波ラジオ放送の中継局も盆地にある。

また、テレビジョン放送のデジタル化が完了したことに伴い、国が進める次世代テレビジョン放送の実験舞台としてこの中継局が選ばれ、30km先の地域で受信するとどうなるかを検証することになった[1]

所在地編集

テレビ・FMラジオ
熊本県人吉市上永野町字高塚西浦国有林21林班イ小班内(高塚山、民放テレビは左記及び間高塚国有林21林班ハ小班内)
AMラジオ
NHK熊本:熊本県人吉市願成寺町1195(チサンカントリークラブ人吉北方)
熊本放送:熊本県球磨郡錦町西字一丸(くま川鉄道川村駅南方)

人吉テレビ・FM中継局編集

デジタルテレビ放送編集

リモコン
番号
放送局名 チャンネル
番号
空中線
電力
ERP 偏波面 放送対象地域 放送区域
内世帯数
運用開始日
1 NHK
熊本総合
17 10W 125W 水平偏波 熊本県 30,434世帯 2007年
10月1日
2 NHK
熊本教育
25 全国
3 RKK
熊本放送
18 105W 熊本県
4 KKT
熊本県民テレビ
20
5 KAB
熊本朝日放送
21
8 TKU
テレビ熊本
19
  • 所在地:人吉市(高塚山)[2][3]
  • 放送区域:人吉市、球磨郡錦町、多良木町、湯前町、水上村、相良村、山江村、球磨村及びあさぎり町の各一部[2]
  • 2007年6月28日に予備免許が交付され[4]9月3日に試験放送を開始。10月1日に本放送を開始した[5]

アナログテレビ放送編集

チャンネル
番号
放送局名 空中線電力
(映像/音声)
ERP
(映像/音声)
偏波面 放送対象地域 放送区域
内世帯数
運用開始日
1 NHK
熊本教育
75W/18.5W 240W/59W 水平偏波 全国 約30,000世帯 -
3 NHK
熊本総合
熊本県
5 RKK
熊本放送
230W/57W
36 KAB
熊本朝日放送
100W/25W 1.15kW/290W
40 KKT
熊本県民テレビ
42 TKU
テレビ熊本
1kW/260W
  • 所在地:デジタルテレビ放送に同じ

アナログテレビ開局年月日編集

  • NHK総合:1961年(昭和36年)11月1日
  • NHK教育:1962年(昭和37年)6月1日
  • RKK:1962年(昭和37年)3月23日
  • TKU:1969年(昭和44年)10月8日
  • KKT:1982年(昭和57年)3月28日
  • KAB:1989年(平成元年)9月22日

FMラジオ放送編集

周波数 放送局名 空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
運用開始日
82.0MHz FMK
エフエム熊本
50W 110W 熊本県 - -
82.8MHz NHK
熊本FM
115W 1969年(昭和44年)3月2日
92.3MHz RKK人吉FM - 2017年(平成29年)2月1日

FMラジオ放送開局年月日編集

  • NHK:1966年(昭和41年)2月14日
    • ただし運用開始は、1969年(昭和44年)3月2日
  • FMK:1985年(昭和60年)10月9日
  • RKK(FM補完放送):2017年(平成29年)2月1日

人吉東テレビ中継局編集

アナログテレビ放送編集

チャンネル
番号
放送局名 空中線電力
(映像/音声)
ERP
(映像/音声)
偏波面 放送対象地域 放送区域
内世帯数
運用開始日
44 NHK
熊本総合
30W/7.5W 400W/99W 水平偏波 熊本県 - -
46 NHK
熊本教育
全国
  • 所在地:人吉テレビ中継局に同じ
  • 開局:1991年(平成3年)6月8日
  • 人吉局のNHKはVHF-Lowバンドで送信していたことから電波干渉を受けやすかった。このため、スポラディックE層出現による季節混信対策の補間局として設置された。
  • 2011年7月24日をもってすべて廃止された。

人吉ラジオ中継局編集

AMラジオ放送編集

周波数 放送局名 空中線
電力
放送対象地域 放送区域
内世帯数
運用開始日
846kHz NHK
熊本第1
1kW 熊本県 - -
1197kHz RKK
熊本放送
1602kHz NHK
熊本第2
全国
  • RKK人吉局には呼出符号として「JOBL」が割り当てられていたが、後に呼出符号が廃止された[6]

AMラジオ放送 運用開始年月日編集

  • NHK第1:1971年(昭和46年)5月26日
  • NHK第2:1978年(昭和53年)4月1日
  • RKK:1981年(昭和56年)10月1日(ただし、1984年に移転の上、増力)

実験試験局編集

いわゆる「8Kスーパーハイビジョン」と呼ばれる超高画質ハイビジョン放送の実現を目指す国の施策の一環として、NHKが放送法に基づき受託して行うもの[1]

チャンネル
番号
放送局名 呼出名称 空中線電力 ERP 実験対象地域 実験期間
46 NHK
人吉UHF実験試験局
NHK
ひとよしUHFじっけん
10W - 熊本県人吉市 2013年11月から
2017年3月まで

出典・脚注編集

関連項目編集