熊本県民テレビ

熊本県の日本テレビ系列局

株式会社熊本県民テレビ(くまもとけんみんテレビ、: Kumamoto Kenmin Televisions Co., Ltd.)は、熊本県全域を放送対象地域とし、テレビジョン放送事業を行っている特定地上基幹放送事業者略称KKT[4]通称は熊本をひらがな表記にしたくまもと県民テレビ[5][6]

株式会社熊本県民テレビ
Kumamoto Kenmin Televisions Co., Ltd.
Kkt logo 2017.svg
Kumamoto Kenmin Television 2016.JPG
熊本県民テレビ本社(2016年12月)
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 KKT
本社所在地 日本の旗 日本
862-8504
熊本県熊本市中央区大江2丁目1番10号
設立 1981年昭和56年)11月26日
業種 情報・通信業
法人番号 9330001001427 ウィキデータを編集
事業内容 テレビ放送
代表者 代表取締役社長塩野弥千夫
資本金 20億円
売上高 55億3500万円
(2022年03月31日時点)[1]
営業利益 2億7100万円
(2022年03月31日時点)[1]
経常利益 2億7100万円
(2022年03月31日時点)[1]
純利益 1億9100万円
(2022年03月31日時点)[1]
純資産 89億2300万円
(2022年03月31日時点)[1]
総資産 101億0900万円
(2022年03月31日時点)[1]
従業員数 75人
決算期 3月31日
主要株主 日本テレビホールディングス 20.025%
読売新聞グループ本社 19.9%
讀賣テレビ放送 16.65%
(2019年4月1日時点)[2]
主要子会社 株式会社KKTエンタープライズ
株式会社KKTイノベート[3]
外部リンク https://www.kkt.jp/
テンプレートを表示
熊本県民テレビ
英名 Kumamoto Kenmin Televisions Co., Ltd.
放送対象地域 熊本県
ニュース系列 NNN
番組供給系列 NNS
略称 KKT
愛称 kkt!
くまもと県民
呼出符号 JOQI-DTV
呼出名称 くまもとけんみんデジタルテレビジョン
開局日 1982年4月1日
本社 862-8504
熊本県熊本市中央区大江2丁目1番10号
演奏所 本社と同じ
リモコンキーID 4
デジタル親局 熊本(金峰山) 47ch
アナログ親局 熊本(金峰山) 22ch
ガイドチャンネル 22ch
主なデジタル中継局
主なアナログ中継局
  • 人吉 40ch
  • 水俣 36ch
  • 牛深 22ch
  • 小国 43ch
  • 三角 21ch
  • 天草 47ch
  • 松橋 54ch
  • 御船 58ch
  • 阿蘇 30chほか
  • 公式サイト https://www.kkt.jp/
    特記事項:
    アナログ放送は、2011年7月24日停波時点の情報。
    テンプレートを表示

    コールサインJOQI-DTV日本テレビ系列に属しており、九州地方の同系列のフルネット局としては1969年に開局した福岡放送に続く、2局目である。

    概要編集

    1982年昭和57年)4月1日に開局した、熊本県内では熊本放送(RKKテレビ)、テレビ熊本 (TKU) に次ぐ3番目の民間放送局。また、日本テレビ系列局としては昭和年代最後の開局となった。

    開局時にテレビ熊本からNNN加盟を引き継ぎ[7]、番組も熊本放送とテレビ熊本からそれぞれほぼ同数移行された。開局当初からフルネット局であったが、当時熊本朝日放送 (KAB) が未開局であったため、ローカル時間帯に一部テレビ朝日系列の番組も入る編成だった。

    マスコットキャラクターとして、ケイティ(K・ケイティ)を採用している。2022年4月現在のキャッチコピーは「イケイケイケイティー!」。自社番組として夕方ワイド番組の『てれビタ』が知られる。

    送信所中継局の大半は、後発局の熊本朝日放送と共同で使用している。

    2021年の年間視聴率で個人全体視聴率、世帯視聴率とも三冠王になった。特に世帯視聴率は12年連続となった。

    同じく、2021年の年度視聴率でも個人全体視聴率、世帯視聴率とも三冠王になった。特に世帯視聴率は14年連続となった[8]

    本社・支社編集

    本社・演奏所
    支社

    新社屋について編集

     
    くまもと県民テレビ 旧社屋
    (2009年12月)

    1982年(昭和57年)4月1日の開局以来、本社は熊本市中央区世安町7番地にあったが、築35年を経て社屋の老朽化が進んでいたため、2017年平成29年)夏の開局35周年に合わせ、同年7月24日に本社を同区大江二丁目に移転した[9]

    新社屋は、鉄筋コンクリート造地上3階建て(塔屋部分1階)で、延べ床面積が5,795 m2。別館が385 m2。総工費は約60億円で、設計は三菱地所設計、施工は大成建設[10]

    本社移転に先駆け、同年1月よりCIを導入し、ロゴタイプを「kkt!」に変更した。なお、着工前に同社のウェブサイトで完成予定図が公開されていた際は、新ロゴ作成がまだ予定されていなかった事もあり、完成予定図の外観には旧ロゴが掲げられていた[11]

    旧社屋はその後売却・解体され、現在はカーディーラーレクサス熊本南」になっている。

    沿革編集

     
    旧ロゴ(1982年~2016年)

    1978年(昭和53年)12月15日に熊本県への民放第3局のチャンネル割り当てが決定し、1979年(昭和54年)3月までに40社の免許申請があった。1979年(昭和54年)2月より一本化調整を開始、当初の基本方針として「地元資本中心」「クロスネット局として開局すること」が掲げられたが、その後の進展は見られなかった。1981年(昭和56年)3月24日、日本テレビ・フジテレビ・テレビ朝日の3社の会談により、熊本県の第3局が日本テレビ系列局(KKT熊本県民テレビ)、鹿児島県の第3局がテレビ朝日系列局(KKB鹿児島放送、1982年(昭和57年)10月開局)とすることと、熊本県の第4局(テレビ朝日系列局、1989年(平成元年)10月開局)の早期開局に含みを持たせることが決定された[12]

    • 1978年(昭和53年)12月15日 - 熊本県へ民放第3局のチャンネル割り当てが決定される。
    • 1981年(昭和56年)
      • 3月24日 - 日本テレビ・フジテレビ・テレビ朝日の3社により熊本の民放第3局を日本テレビ系列局とすることが決定される。
      • 11月26日 - 「株式会社 熊本県民テレビ」設立。
    • 1982年(昭和57年)
      • 3月27日 - 正午にサービス放送開始[13]。期間中は6時から24時までの放送。同時に、熊本県内で最初に音声多重放送も開始する。この時、公式社歌「きょう熱くライブ」(作詞・望田市郎、作曲・坂田晃一、歌・三井誠)と最先端のCGを取り入れたCVC(コーポレーティッドビデオクリップ)を初公開。
      • 3月29日 - 『ズームイン!!朝![14]および『11PM』の放送開始。前者は事実上の初ネット(開局当日には熊本からの中継もあった)、後者は前年末にテレビ熊本(TKU)でネットが打ち切られて以来3か月ぶりのネット再開であった。
      • 4月1日 - 熊本県3番目(全国で98番目)の民間テレビ局として開局(コールサイン:JOQI-TV)。同時開局した中継局は、高森(後の南阿蘇局)・人吉・河浦・牛深・水俣の5局。本来は阿蘇・阿蘇北・小国・矢部中継局も同時開局の予定だったが、1か月延期された。当時の本社は、熊本市手取本町(現在の熊本市中央区手取本町)8-1の仮事務所(現在は鶴屋百貨店東館が立地)[15]。但し、番組送出・制作の為のスタジオや設備は外装などを工事中の本社屋に設置して開局に間に合わせた。(当時の県内ローカル「KKTニュース」で公開。)
      • 7月頃 - 熊本市世安町(現在の熊本市中央区世安町)の社屋が完成。
    • 1997年(平成9年)3月31日 - 熊本初の夕方ワイド情報番組『本橋馨の情報わいど テレビタミン』放送開始。
    • 2000年(平成12年)10月 - NNN24のサイマル放送による終夜放送を開始(日曜深夜~月曜早朝を除く)。
    • 2005年(平成17年)1月 - 『テレビタミン』でやらせが発覚。3月に総務省から厳重注意を受ける。
    • 2006年(平成18年)
      • 1月 - 終夜放送を金曜・土曜のみに縮小。
      • 2月27日 - 地上デジタル放送対応のマスター(主調整室)に更新(NEC製)。
      • 11月1日 - 地上波デジタル放送試験放送開始。
      • 12月1日 - 地上波デジタル放送本放送開始(コールサイン:JOQI-DTV)。
    • 2009年(平成21年)10月 - 終夜放送を全曜日に拡大。
    • 2011年(平成23年)7月24日 - 地上アナログ放送終了、デジタル放送に完全移行。
    • 2012年(平成24年)4月1日 - 開局30周年を迎えた。
    • 2016年(平成28年)11月14日 - 熊本市中央区大江二丁目の新社屋が竣工[16]
    • 2017年(平成29年)
      • 1月1日 - CI導入により、ロゴを「kkt!」に変更。同時にコーポレートカラー(水色と黄色)を制定。更に和文ロゴも一新した[17][18]
      • 3月10日 - 放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会は、KKTが2015年11月に放送した、地方公務員が準強制わいせつ容疑で逮捕されたニュースについて、放送倫理上問題があるという「見解」を公表した。KKTは「決定を真摯に受け止め、指摘を受けた内容を今後の放送に活かします」とコメントした。
      • 4月3日 - 経理業務を受託する子会社である株式会社KKTビジネスアソシエイトを設立した。業務開始は2017年7月から。
      • 7月24日 - 本社を熊本市中央区大江に移転。新社屋移転により、新しいマスター(主調整室)設備(NEC製)も稼働された。またCVC自体4K対応となった。(当時の県内ニュースで公開。)
      • 8月14日 - 新聞のラテ欄の表記が現ロゴに変更される。
    • 2018年(平成30年)4月16日 - 臨時取締役会に於いて、前社長の梅原幹が社内でのセクハラ行為を含む複数のハラスメント行為を理由として、梅原を社長職から事実上解任して平取締役に降格させる人事が決定した。なお、ハラスメントの詳細についてはプライバシーを理由として公表しておらず、公式サイト上でも前社長退任に関する発表は行われていない[19]。報道では「解任」以外にも「退任[20]」や「解職[21]」等の表現を用いている場合がある。後任の社長は会長の片岡朋章が代行する。
    • 2019年(令和元年)6月13日- 誤った決算報告をしていたとして、熊本国税局から重加算税を含む約2800万円が追徴課税されたと発表した。2015~17年度の売り上げについて、計上すべき年度ではなく、前の年や次の年に計上するなど事実とは異なる決算報告していた。同社は「企業会計原則の解釈に錯誤があった」と説明。「決算を良く見せようという意図はなかった」「再発防止に努め、体制を一新して出直します」とコメントした[22]
    • 2020年(令和2年)4月1日- 不適切な会計処理に加担させられるなどして精神疾患を発症したとして、元経理部長の男性がKKTや当時の社長らに損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。KKTは「原告の訴えには理由が無く、全面的に争う。当社の主張は裁判の中で明らかにしていく」とコメントした[23]
    • 2022年(令和4年)5月12日- 元経理部長の男性がKKTと当時の社長らに損害賠償を求めた訴訟の判決で東京地裁は請求を棄却した。判決によると「経営陣が違法な会計処理だと認識としていたと認められない」と判断した。KKTは2017年度に赤字決算が見込まれたため、前年度のイベントのCM収入の一部を先送りして計上し、新社屋移転に伴う備品などの費用を前年度に前倒しした。なお、元経理部長は「KKTは襟を正してもらいたい」として東京高裁に控訴した[24]

    情報カメラ設置ポイント編集

    ケーブルテレビ再送信局編集

    熊本県民テレビの区域外再放送を実施したことがあるケーブルテレビは以下の通り。
    太字は、2011年7月24日正午以降も区域外再放送が実施されている局

    資本構成編集

    企業・団体の名称、個人の肩書は当時のもの。出典:[25][26][27]

    2021年3月31日編集

    資本金 発行済株式総数 株主数
    20億円 40,000株 29
    株主 株式数 比率
    日本テレビホールディングス 8,010株 20.03%
    読売新聞グループ本社 7,960株 19.90%
    讀賣テレビ放送 6,660株 16.65%
    熊本日日新聞社 3,370株 08.42%
    肥後銀行 1,550株 03.87%
    西日本新聞社 1,280株 03.20%
    テレビ西日本 1,260株 03.15%

    過去の資本構成編集

    主な番組編集

    自社制作番組編集

    • KKTニュース(土曜 17:20 - 17:30、日曜 17:25 - 17:30)
    • てれビタevery.(月曜 - 金曜 15:50 - 19:00、news every.内包)
      • news every.くまもと(『てれビタ』休止時の夕方ニュース)
    • もっこすキッチン(月曜 - 水曜 11:15 - 11:25)
    • Life+(月曜 - 金曜 11:25 - 11:30)
    • 知って得する女性の健康(水曜 21:54 - 22:00)
    • カジサックのじゃないと!(土曜 0:30 - 0:59(金曜深夜))
    • KKTストレイトニュース(平日 11:30 - 11:55、土曜 11:25 - 11:35、日曜 11:30 - 11:40)
    • サタココ(土曜 9:25 - 10:25、再放送:日曜 1:50 - 2:45(土曜深夜))
    • 現場発!(不定期放送)
    • KKT医療ナビ! Dr.テレビたん(毎月1回放送・土曜 15:30 - 16:00)
    • KKT杯バンテリンレディスオープン(毎年4月[32]・最終日分は日本テレビ系列全国ネット)

    日本テレビ系列番組編集

    他系列番組編集

    テレビ東京系列編集

    過去に放送した番組編集

    自社制作番組編集

    テレビ東京系列編集

    その他編集

    熊本朝日放送開局まで編集

    KKT開局初期の日本テレビの番組編集

    ⚫︎ここでは主に特筆するべき番組のみ記載。

    横浜アリーナでの日本公演を放送。

    本社が世安町にあった頃の日本テレビ系列の番組編集

    ■は現在も放送中。

    開局時の他局からの移行番組編集

    熊本放送から編集

    テレビ熊本から編集

    アナウンサー編集

    ●は元アナウンス部長。

    現在編集

    異動編集

    女性編集

    • 1988年 久保里美(編成局編成業務部部次長職、2004年〜2007.6は編成企画室(広報担当)→制作部(ディレクター)→2012年3月まで報道局アナウンス部副部長職→2012年4月~2013年2月報道局アナウンス部部次長職→2013年3月~2015年2月15日事業局事業部部次長職参事補→2015年2月16日編成局編成業務部部次長職参事補)
    • 1993年 佐藤史依(報道デスク)

    過去編集

    男性編集

    女性編集

    1988年3月31日に退社する予定だったが、その3日前に実家の火災に巻き込まれ急死した。なお、死去のニュースは『ズームイン!!朝![34]のエンディングで報じられた。

    歴代マスコットキャラクター編集

    ※テレビタミンの「めくってはい&ろー」のカードの図柄のひとつして使用されているため、2012年5月現在もその存在を確認できる。このコーナーでは、テレビたんのカードもあるため、新旧のキャラクターが共演している状態となっている。
    • 2001年10月1日 - 2002年3月31日:なし
    • 2002年4月1日 - 2022年3月31日:テレビたん(開局20周年を機に採用された)
    • 2022年4月1日 - 現在採用中:ケイティ[36](開局40周年を機にマスコットキャラクターを変更)

    関連施設編集

    • KKT総合住宅展示場NEO(荒尾市本井手)
    • KKT総合住宅展示場エコラス(熊本市南区島町)
    • KKT合志総合住宅展示場アンビーハウジングパーク(合志市竹迫)

    脚注・出典編集

    [37] 熊本県民テレビに追徴課税 法人税申告に誤り 日本経済新聞

    1. ^ a b c d e f 株式会社熊本県民テレビ 第41期決算公告
    2. ^ 基幹放送事業者の議決権保有状況等 地上系放送事業者 - 総務省電波利用ホームページ
    3. ^ 2013年10月1日、西日本映像株式会社 熊本支社を吸収分割し、現社名となった。
    4. ^ ロゴ表記は2017年1月よりkkt!となっている。
    5. ^ 公式ウェブサイトを始め、西日本新聞西日本スポーツなどのテレビ欄にみられる。なお、日テレNEWS24のウェブサイトやYahoo!ニュースYahoo! JAPAN)においては、正式名称の「熊本県民テレビ」と表記している。
    6. ^ Yahoo!ニュース KKT熊本県民テレビの記事一覧
    7. ^ ただし、テレビ熊本はオブザーバー加盟だったため、正式加盟としては新規だった。NNSにおいても新規加盟となった。
    8. ^ KKT熊本県民テレビ”. 熊本県民テレビ 公式サイト. 2022年4月6日閲覧。
    9. ^ 本社新社屋のご案内|KKTくまもと県民テレビ(2017年6月19日閲覧)
    10. ^ 総工費約60億円で新社屋の建設に着手・・・熊本県民テレビ くまもと経済
    11. ^ 同様の事例はよく見られ、例えば中京テレビでは「CHUKYO TV」のロゴが決定する以前に発表された完成予定図の外観には、旧「中京テレビ」のロゴが掲げられていた。
    12. ^ 30年史編纂委員会『テレビ熊本30年史』テレビ熊本、2001年 pp.88-89
    13. ^ 『熊本日日新聞』1982年3月27日朝刊3面(広告)。
    14. ^ 4月1日の開局時のクレジットは、「熊本・熊本県民テレビ」ではなく、「熊本・県民テレビ」と表示された。
    15. ^ 「KKT きょうから本放送」『熊本日日新聞』1982年4月1日朝刊20面。
    16. ^ 「大江2丁目の新本社ビルは11月14日に完成・・」・・熊本県民テレビ くまもと経済
    17. ^ すでに公式サイトのトップページは新ロゴ変更されている。
    18. ^ 放送では順次置き換えが進められ、現在、旧ロゴが見られるのはKKT総合住宅展示場エコラスのCM放映時などとなっている。
    19. ^ “日テレ系熊本県民テレビ 梅原幹社長の退任を正式発表 ハラスメント行為が倫理規定違反 本人反省”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2018年4月16日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/04/16/kiji/20180416s00041000223000c.html 2018年4月16日閲覧。 
    20. ^ 日テレ系熊本県民テレビの梅原社長、セクハラで退任 - 日刊スポーツ、2018年4月20日閲覧。
    21. ^ 熊本県民テレビの社長解職 「ハラスメントあった」 - 朝日新聞、2018年4月20日閲覧。
    22. ^ 「熊本県民テレビに追徴課税 法人税申告に誤り」 - 日本経済新聞
    23. ^ 「不適切会計加担で精神疾患」KKT元社員が提訴 東京地裁」 - 熊本日日新聞
    24. ^ 「KKT元経理部長の損害賠償請求を棄却」 - 熊本日日新聞
    25. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2021』コーケン出版、2021年12月10日、467頁。 
    26. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑'92』コーケン出版、1992年11月、441頁。 
    27. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2003』コーケン出版、2003年11月、473頁。 
    28. ^ 熊本県民テレビ 取締役会長
    29. ^ a b 熊本県民テレビ 代表取締役社長
    30. ^ a b 熊本県民テレビ 非常勤取締役
    31. ^ 熊本県民テレビ 非常勤取締役相談役
    32. ^ 2016年は直前に発生した熊本地震の影響で、2020年は新型コロナウイルス感染拡大の影響により、それぞれ大会が中止された。
    33. ^ 日本テレビ系全30局で放送のため便宜上記載。
    34. ^ KKT初代中継キャスターとして出演していた。
    35. ^ 山口朝日放送のオフィシャルサイト” (日本語). yab|山口朝日放送. 2020年7月18日閲覧。
    36. ^ ケイティのおへや(くまもと県民テレビ、2022年4月1日公開)
    37. ^ https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46085990U9A610C1ACX000/

    外部リンク編集