仁平 勝(にひら まさる、1949年4月26日 - )は、俳人文芸評論家

東京都武蔵野市吉祥寺に生まれる。東京都立三鷹高等学校中央大学法学部政治学科を卒業。1979年、古本屋で見つけた坪内稔典編集の『現代俳句』(南方社)を読んで同時代の俳句に興味を抱く。翌年から句作を開始し、第一句集『花盗人』を私家版で上梓。1981年「豈」参加(1999年退会)、「未定」参加(1991年除名)。1983年「俳句評論」に準同人として参加(同年終刊)。1989年「船団」入会(1997年退会)。1997年、評論集『俳句が文学になるとき』を中心とした業績で第19回サントリー学芸賞受賞。2003年、評論集『俳句のモダン』で第3回山本健吉文学賞評論部門受賞。同年「魚座」に入会(2006年終刊)。2008年『俳句の射程』で第9回加藤郁乎賞および第21回俳人協会評論賞受賞。現在は「件」所属。

著書編集

句集編集

  • 『花盗人』私家版, 1980
  • 『東京物語』弘栄堂書店, 1993
  • 『黄金の街』ふらんす堂 2010

評論編集

  • 『詩的ナショナリズム』冨岡書房, 1986
  • 『虚子の近代 評論集』弘栄堂書店, 1989
  • 江川卓の抵抗と挑戦 「正義」に克つ』北宋社, 1989
  • 『俳句が文学になるとき』五柳書院, 1996
  • 『俳句をつくろう』講談社現代新書 2000
  • 『俳句のモダン』五柳書院, 2002
  • 加藤郁乎論』沖積舎 2003
  • 『俳句の射程』富士見書房 2006
  • 『虚子の読み方』沖積舎, 2010
  • 『路地裏の散歩者』邑書林, 2014

選集編集

  • 『仁平勝集』邑書林(セレクション俳人) 2004
  • 『仁平勝集』ふらんす堂(現代俳句文庫)2014

共著編集

参考文献編集

  • 『仁平勝集』 邑書林、2004年
  • 『現代俳句大事典』 三省堂、2005年

外部リンク編集