メインメニューを開く

今立川(いまだてがわ)は、岡山県笠岡市の東部を南流する二級河川である。

今立川
水系 二級水系 今立川水系
種別 二級河川
延長 5.86 km
平均の流量 -- m³/s
流域面積 11.5 km²
水源 岡山県笠岡市
今立地先
水源の標高 約200 m
河口・合流先 瀬戸内海
流域 岡山県
テンプレートを表示

地理編集

瀬戸内丘陵を源流とし、里庄町から西流してくる支流の新庄川と合流して笠岡港付近の神島瀬戸に注ぐ。市の東部で扇状地状の三角州を形成している。

流域は、上流が中生代石英モンゾニ岩花崗岩などで構成された標高200m前後の山地となっている。下流部は沖積層17世紀頃に干拓などによって造成された粘土からなる平野であり、直線的な築堤河川となっている。また、河口付近の約2kmは海の潮汐の影響を受けており、ハゼなどがいる。瀬戸内海式気候に属しており、年間降水量は約1,100mmと少なく、年間平均気温は約15℃。冬季でも降雪はほとんどない。

生態系編集

流域内にはコバノミツバツツジアカマツなどの他、水辺にヨシ、堤防付近にヨモギシロツメクサなどが生えている。周辺に水田が多いためサギ類が多く、河原にはセキレイ類も多く生息する。水中にはギンブナメダカが見られ、河口付近の海域には天然記念物カブトガニもいる。

外部リンク編集