メインメニューを開く

仙台国際空港

仙台空港を管理運営する企業

仙台国際空港株式会社(せんだいこくさいくうこう、英語: Sendai International Airport Co.,Ltd.)は仙台空港の運営等を目的に2015年11月2日に設立された株式会社東京急行電鉄前田建設工業豊田通商などが出資する。

仙台国際空港株式会社
Sendai International Airport Co.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
989-2401
宮城県名取市下増田字南原無番地
設立 2015年平成27年)11月2日
法人番号 3370001038768
事業内容 仙台空港の運営
航空保安施設の運営
騒音等航空機運航に伴う障害防止・損失補償・生活環境改善
空港施設建設・管理 等
代表者 代表取締役 岩井卓也
資本金 30億30百万円
主要株主 東京急行電鉄株式会社 42%
前田建設工業株式会社 30%
豊田通商株式会社 16%
東急不動産株式会社 9%
株式会社東急エージェンシー 1%
東急建設株式会社 1%
株式会社東急コミュニティー 1%
外部リンク http://www.sendai-airport.co.jp/
テンプレートを表示

2016年7月1日、仙台空港は国管理の空港として、全国で初めて民営化された[1]

目次

概説編集

仙台空港民営化の過程で、2015年9月11日国土交通省は仙台空港特定運営事業等における優先交渉権者を東急前田豊通グループとすることを発表した[2]。これを受けて同年11月2日、東急前田豊通グループが同事業を実施する特定目的会社として設立した会社である[3]。同年12月1日、国土交通省と仙台国際空港株式会社との間で実施契約を締結[4][5]。運営権は22億円で譲渡された[6]

2016年2月1日第三セクター企業であった仙台空港ビル株式会社・仙台エアカーゴターミナル株式会社の両社を完全子会社化し、空港ターミナルビル運営と貨物取扱業務を開始[7]。同年6月1日、仙台エアポートサービス株式会社を含めた3社を吸収合併した[8]。同年7月1日より、国が行ってきた滑走路等の維持管理・着陸料の収受等を含む全事業を引き継いだ[3]

事業内容編集

仙台空港ターミナルビルの運営編集

2016年6月1日の合併により、仙台空港ビル株式会社及び仙台エアポートサービス株式会社から当事業を承継した。

空港ターミナルビルを所有し、航空会社へのカウンターや事務室等の提供、各事業者への事務室・食堂・売店・倉庫などの貸室提供、空港内共用施設・共用設備の提供、旅客への案内サービス・インフォメーションサービス等を主に行い、施設内における広告媒体等の設置(広告宣伝業)[9]、ショッピングアベニュー国内線側(西側)・国内線出発ロビー付近・国内線搭乗待合室内の3つの売店と国際線 出国待合室内の免税店の運営[10]オンラインショップ「そらみやげ亭」の運営、広告代理業や損害保険代理業、空港敷地内駐車場の経営・管理等も行う。

イベント編集

ターミナルビル南側の吹き抜けや1階到着ロビー、3階フロアでは、夏には七夕飾りの飾り付け、冬にはクリスマスイルミネーションによるライトアップなどが行われる。また、ターミナルビル中央部においてたびたび催し物や展示会等が開催されるほか、屋上展望テラスにおいては年に数回ビアガーデンが開催される[11]

そらみやげ亭編集

空港内売店の商品を中心に約700点の商品を取り扱い、通信販売を行う。東京都神奈川県千葉県といった関東地方在住の利用者が多い[12]。2014年度は、全国の空港通販サイト中1位の売上高となる見通しとなっている[12]

貨物取扱業務編集

2016年6月1日の合併により、仙台エアカーゴターミナル株式会社から当事業を承継した。空港ターミナルビル西の近隣に位置する航空貨物取扱施設の運営を行っている。

主な施設編集

  • 国際貨物棟
  • 航空会社貨物棟 - JALカーゴANAカーゴが入居し、運営する。
  • 国内貨物代理店棟
  • テント倉庫
  • 燻蒸庫
  • 冷凍・冷蔵庫

脚注編集

外部リンク編集