メインメニューを開く

仙台東口駅(せんだいひがしぐちえき)は、かつて宮城県仙台市にあった鉄道駅廃駅)である。仙石線仙台駅榴ケ岡駅の間に存在した。

歴史編集

1925年(大正14年)、仙石線の前身である宮城電気鉄道仙台駅から西塩釜駅までの間で開業した。この時、仙台駅の一つ隣の駅として東七番丁駅(ひがししちばんちょうえき)があった[1]

太平洋戦争中の1944年(昭和19年)に、宮城電気鉄道は戦時買収され運輸通信省の仙石線となった。それに伴って、この駅は仙台東口駅と改称された。

終戦後の1952年(昭和27年)、第7回国民体育大会の開催にあわせて仙台駅の改造が行われ、宮城電気鉄道の時代から使われていた仙台駅仙石線地下プラットホーム[2]が200メートルほど東側の地上に移された。仙台駅仙石線ホームと近接することになった仙台東口駅はこの時に廃止された[3]

所在地編集

この駅の所在地は東七番丁通りの東側で、かつての東八番丁小学校[4]の北西側に接していた。

地下化が行われる2000年(平成12年)以前の仙石線を例にして述べると、仙台駅の東側に東七番丁踏切があり、この踏切のさらに東側が駅の所在地だった[1]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『石巻の歴史』第2巻 通史編(下の2)333頁。
  2. ^ この時の仙石線地下プラットホームは現在の仙台駅仙石線地下ホームとは別物である。
  3. ^ 『仙台市史』通史編8(現代1)222頁。
  4. ^ 後に移転し、現在の仙台市立榴岡小学校となる。

参考文献編集

  • 石巻市史編さん委員会 『石巻の歴史』第2巻 通史編(下の2) 石巻市、1998年。
  • 仙台市史編さん委員会 『仙台市史』通史編8(現代1) 仙台市、2011年。