メインメニューを開く

寛保二年江戸洪水(かんぽうにねんえどこうずい)は、1742年寛保2年)の旧暦7月から8月にかけて日本本州中央部を襲った大水害寛保の洪水・高潮」で江戸が被った被害である。

目次

経過編集

洪水前編集

1742年8月28日(寛保2年旧暦7月28日)頃より台風によるものとみられる暴風雨畿内を襲い、関東でもこの日以後雨が降り始めた。翌々日の8月1日の夜に入ると江戸では最初は雨とともに北東の激しい風が吹き始めていたが、夜四ッ時ころから激しい南風に変わり激しい荒に見舞われた(『続むさしあぶみ』)。

災害編集

 
寛保洪水位磨崖標(埼玉県秩父郡長瀞町)

更にこの風が江戸湾からの高潮隅田川荒川などに呼び込み、その結果、翌2日明け方七ッ時頃から水位が上昇し、満潮と重なった六ッ時には場所によっては平常水位よりも8・9尺も上昇して江戸の下町を汐水が襲った。とは言え、この時の水の勢いは激しくなく五ッ時には潮が引き始めるとともに水位が下降していった。

ところが同じ頃、利根川や荒川、多摩川の上流域で発生した大洪水の水が下流の江戸方面に流れ始め、特に堤防が破壊された利根川の水流は関宿城を押し流した後に江戸下町方向に向かい、8月3日(1742年9月1日)夜には水が引き始めて安堵していた江戸下町を直撃した。水位の上昇は8月7日まで続き、この間に本所浅草下谷一帯だけで900名以上の溺死者が出た。町奉行石河政朝の報告によれば、本所では街中での水位が5尺、多い場所では7尺に達し、軒まで水没した家屋が続出した。また、両国橋新大橋永代橋など多くの橋が押し流された。ところが減水しはじめた8月8日に再度の暴風雨が江戸を襲って却って水位が上昇し、浅草・下谷では遂に水位が1丈に達し(『徳川実紀』)、水が引くまでに更なる日数を要したという。

こうした事態を憂慮した幕府は船をかき集めて川と街路の区別が付かなくなった下町へと派遣して、流されている人や屋根や樹木の上で震える人を救出し、更に被災者に粥や飯を支給した。記録によれば、食料の支給を受けた人数は8月6日で6000人分、被害のピークであった8日には1万人分、水が引いて支給を昼のみに限定した16日でも7000人分を要した。また、被害の少なかった江戸の有力町人の中には独自に炊出しを行ったりした者もいた。幕府は安濃津備前長州肥後などの被害の少なかった西国諸藩10藩に命じて利根川・荒川などの堤防や用水路の復旧に当たらせて事態の収拾を図った。

西国大名の手伝い普請編集

10月6日、将軍につぐ実力者老中松平左近将監乗邑(のりさと)同松平伊豆守信祝(のぶとき)同本多中務太輔忠良(ただよし)の採決により10の大名が特命された。大名の手伝い普請というのは、幕府が必要な材木、坑木、鉄物などを負担し、特命を受けた大名が普請人足費、竹材木の伐採費、運賃、などを負担した。各藩は家老級の重臣を惣奉行にたて、家臣団を被害現場に出した[1]

幕府は直接藩主に命令した。江戸藩邸に在府中である岡山、津、鯖江、出石、飫肥、臼杵藩の藩主には直接登城することを命じた。他の藩の場合は奉書を送った。熊本藩の場合、10月21日熊本で幕府老中捧書が届けられた。物頭兼普請奉行長谷川主水は命令で大坂で資金調達をしたので遅れて江戸についた。12月7日普請開始。現場作業や小屋に関しては江戸の町人や名主など有力農民の請負させた。工事遅れの厳しい書状が届いた。翌年4月30日熊本藩重臣は老中の私邸に出かけ普請が4月29日に完了したことを届け、翌5月1日、江戸城に届けたが、咎めもねぎらいの言葉もなかった。熊本藩出費は12万7280両であった。幕府からの褒賞はあったが、小藩よりも少なかった。熊本藩からの幕府にたいする贈り物は役人の役得とされるが、一部の者は受領を拒んでいる。理由はわからない。熊本藩は支払った金額から考えると、請負人を建てた方が安いと判断したが、商魂に武士道はかなわなかったと高崎は述べている[2]

その後編集

諸記録から台風と見られる雨雲は江戸の西方から北東に進んで、関東と信州に記録的な大雨をもたらしたと推定されている。

脚注編集

  1. ^ 高崎[2001:89-90]
  2. ^ 高崎[2001:175-196]

参考文献編集

江戸三大洪水編集

関連項目編集