メインメニューを開く
伊吹元五郎

伊吹 元五郎(いぶき もとごろう、1874年明治7年)11月 – 1959年昭和34年)3月17日[1])は、大日本帝国陸軍軍人衆議院議員

経歴編集

長崎県長崎市出身[2]1898年(明治31年)、陸軍士官学校を卒業[1]。最終階級は陸軍大佐[2]。シベリア出兵に従軍した[2]帝国在郷軍人会長崎市聯合分会長、同本部評議員、同西彼杵郡聯合分会長、長崎護国会長、大政翼賛会長崎県協力会議長、同中央協力会議員などを務めた[2]

1942年(昭和17年)、第21回衆議院議員総選挙に出馬し、当選を果たした。1946年(昭和21年)、大政翼賛会の推薦議員のため公職追放となった[3]

脚注編集

  1. ^ a b 議会制度七十年史 1962.
  2. ^ a b c d 衆議院要覧 1942.
  3. ^ 『朝日新聞』1946年2月10日一面。

参考文献編集

  • 『衆議院要覧(乙)昭和十七年十一月』衆議院事務局、1942年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度七十年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1962年。