メインメニューを開く

伊吹 新一(いぶき しんいち、1924年 - 2012年7月26日)は、京都府京都市生まれの指揮者音楽監督・音楽教育者。

オーケストラ・合唱・吹奏楽を指揮することが多い中で、ハイドンミサ曲の演奏に力を入れた。アメリカ、ハワイ、中国カナダオーストリア、ウィーン、ドイツなど海外公演もこなし、国際的な活躍もみせた。

略歴編集

京都府京都市西本願寺前の念珠屋「伊吹新八商店」八代目として生まれる。立命館大学専門部法政科卒業後、同大学法学部へ進学。在学中に立命館大学メンネルコール、立命館大学混声合唱団メディックス、立命館大学交響楽団を創部。京都市市役所渉外課に依頼され、リジュウェイ第8軍司令長官宅でクリスマス・キャロルを演奏する。


同大学卒業後、京都市立社会科教諭になるも音楽の志を捨てがたく、京都市立音楽短期大学京都市立芸術大学)に進学し、斎藤秀雄に指揮法を師事(同じ門下生に小澤征爾山本直純たちと習う)。関西における唯一の門下生。


卒業後、京都府立城南高等学校の音楽教諭、京都市立堀川高等学校音楽科分校(堀音)の音楽教諭、副校長を経て(佐渡裕などを教える)、京都市立芸術大学大阪芸術大学、奈良教育大学院などの講師を歴任。

その他に京都市交響楽団(京響)、京都市民管弦楽団名誉指揮者、京都楽友合唱団名誉指揮者、京都大学音楽研究会ハイマート合唱団常任指揮者、宇治市民混声合唱団常任指揮者、第43回国民体育大会音楽監督、京都市民オーケストラ名誉指揮者、京都市芸術文化協会評議員、京都市音楽芸術振興財団評議員。京都市下京区文化談話会会長、京都音楽文化協議会理事、京都会館(現:ロームシアター京都)のこけら落とし公演の合唱指揮者、NHK全国学校音楽コンクールの審査員などを歴任した。

社歌、校歌、下京区の歌など作曲も行っている。


主な受賞歴編集

  • 京都市芸術奨励賞
  • 京都市教育功労賞
  • 藤堂音楽賞
  • 京都市自治百周年表彰
  • 宇治市地域社会貢献者(音楽振興)表彰