伊岡瞬

伊岡 瞬(いおか しゅん、1960年 - )は、日本小説家推理作家東京都武蔵野市生まれ。日本大学法学部卒業。

伊岡 瞬
(いおか しゅん)
誕生 1960年
日本の旗 日本東京都武蔵野市
職業 小説家推理作家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士(法学)
最終学歴 日本大学法学部卒業
活動期間 2005年 -
ジャンル 推理小説
主な受賞歴 横溝正史ミステリ大賞(2005年)
デビュー作 『いつか、虹の向こうへ』(2005年)
テンプレートを表示

広告会社勤務を経て、2005年に『いつか、虹の向こうへ』(応募時のタイトルは「約束」)で第25回横溝正史ミステリ大賞の大賞とテレビ東京賞をW受賞し、作家デビュー[1]

目次

文学賞受賞・候補歴編集

作品リスト編集

単著編集

  • いつか、虹の向こうへ(2005年5月 角川書店 / 2008年5月 角川文庫
  • 145gの孤独(2006年5月 角川書店 / 2009年9月 角川文庫)
  • 七月のクリスマスカード(2008年6月 角川書店)
    • 【改題】瑠璃の雫(2011年7月 角川文庫)
  • 明日の雨は。(2010年10月 角川書店)
    • 【改題】教室に雨は降らない(2012年9月 角川文庫)
      • 収録作品:ミスファイア / やわらかい甲羅 / ショパンの髭 / 家族写真 / 悲しい朝には / グッバイ・ジャングル
  • 桜の咲かない季節(2012年8月 講談社
    • 【改題・加筆】桜の花が散る前に(2016年3月 講談社文庫
      • 収録作品:守りたかった男 / 翼のない天使 / ミツオの帰還 / 水曜日の女難 / 桜の花が散る前に
  • 代償(2014年3月 KADOKAWA / 2016年5月 角川文庫
  • もしも俺たちが天使なら(2014年6月 幻冬舎 / 2016年10月 幻冬舎文庫
  • 乙霧村の七人(2014年12月 双葉社
  • ひとりぼっちのあいつ(2015年3月 文藝春秋
  • 痣(2016年11月 徳間書店
  • 悪寒(2017年7月 集英社

アンソロジー編集

「」内が伊岡瞬の作品

  • ザ・ベストミステリーズ 2010(2010年7月 講談社)「ミスファイア」
    • 【分冊・改題】Logic 真相への回廊 ミステリー傑作選(2013年4月 講談社文庫

映像化作品編集

テレビドラマ編集

ネット配信ドラマ編集

  • 代償(2016年11月18日よりHuluで配信、主演:小栗旬

脚注編集

外部リンク編集