小栗 旬(おぐり しゅん、1982年12月26日[1] - )は、日本俳優声優東京都出身[1]トライストーン・エンタテイメント所属。

おぐり しゅん
小栗 旬
本名 小栗 旬
生年月日 (1982-12-26) 1982年12月26日(35歳)
出生地 日本の旗 日本東京都[1]
身長 184cm
血液型 O型[1]
職業 俳優声優
ジャンル 映画テレビドラマCM舞台アニメゲーム
活動期間 1994年 -
配偶者 山田優(2012年 - )
著名な家族 小栗哲家(父)
小栗了(兄)
山田美加子(義母)
山田親太朗(義弟)
事務所 トライストーン・エンタテイメント
公式サイト 小栗旬 Official Web Site
主な作品
テレビドラマ
GTO
Summer Snow
ごくせん
Stand Up!!
花より男子』シリーズ
花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜
貧乏男子 ボンビーメン
天地人
東京DOGS
獣医ドリトル
リッチマン、プアウーマン
BORDER
信長協奏曲
ウロボロス〜この愛こそ、正義。
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班
映画
羊のうた
イズ・エー[is A.]
隣人13号
ウォーターズ
キサラギ
クローズ ZERO』シリーズ
花より男子
TAJOMARU
岳-ガク-
キツツキと雨
宇宙兄弟
ルパン三世
信長協奏曲
ミュージアム
銀魂
君の膵臓をたべたい
監督
シュアリー・サムデイ
舞台
間違いの喜劇』(2006年)
カリギュラ』(2007年)
ムサシ
時計じかけのオレンジ
髑髏城の七人season花
『あかいくらやみ 〜天狗党幻譚〜』(2013年)
カッコーの巣の上で
RED
ミュージカル『ヤングフランケンシュタイン』

左利き[2]。父は舞台監督の小栗哲家[3]、兄は元俳優の小栗了[4]。妻はモデル、女優山田優。義母はモデル、ビューティーアドバイザーの山田美加子。義弟はモデル、俳優の山田親太朗

目次

来歴編集

小6の時、内田有紀に憧れて新聞の端っこに書いてあったオーディションに応募して合格[5]。その後エキストラとして活躍する。

1998年、ドラマ『GTO』・吉川のぼる役で連続ドラマに初めてレギュラー出演する。

2000年、ドラマ『Summer Snow』で堂本剛演じる篠田夏生の弟・耳に障害を持つ篠田純役を演じる。2003年蜷川幸雄演出の舞台に初出演する。以後、蜷川作品の常連となる。2006年、舞台『タイタス・アンドロニカス』にエアロン役で出演し、イギリスのロイヤル・シェイクスピア・シアターでも公演を行った。また、『名探偵コナン10周年ドラマスペシャル「工藤新一への挑戦状〜さよならまでの 序章(プロローグ)〜」』の工藤新一役で、単発ドラマ初主演を果たした。

2007年、『オールナイトニッポン』のパーソナリティに抜擢された(2010年3月末まで担当)[6]。ドラマ『花より男子2 リターンズ』の花沢類役でブレイクし、『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』の佐野泉役で更に人気に火をつけた。映画では主演作『キサラギ』、『クローズZERO』がヒット。『情熱大陸』では史上初となる2週連続で特集され、翌年DVD化された。舞台『カリギュラ』では初めてタイトル・ロールに挑戦した。

2008年、『貧乏男子 ボンビーメン』では貧乏大学生役で連続ドラマ初主演を果たし、前年の活躍が評価されエランドール賞新人賞など多数の賞を受賞する。映画『花より男子F』、ドラマ『夢をかなえるゾウ』や『花ざかりの君たちへ…』のスペシャル版に出演する。

2009年NHK大河ドラマ天地人』で石田三成役(同役は、1996年の大河ドラマ『秀吉』で少年期を演じて以来で、13年ぶりとなる)、舞台『ムサシ』で佐々木小次郎役、『TAJOMARU』で主演の畠山直光役を演じるなど、時代劇作品への出演が相次いだ。その他、ドラマ『スマイル』に出演。ドラマ『東京DOGS』でフジテレビ月9初主演となった。

2010年、映画『踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!』やドラマ『歸國』に出演。ドラマ『獣医ドリトル』ではTBSドラマ初主演となった。俳優業の他、映画『シュアリー・サムデイ』で俳優としては史上最年少となる映画監督デビューを果たした。

2011年、舞台『時計じかけのオレンジ』で主役のアレックス役に抜擢され、1月より公演した。蜷川幸雄演出以外の作品への出演は約6年ぶりであり、演出家・河原雅彦と初タッグを組んだ。また、主演映画『岳-ガク-』が公開された。

2013年、NHK大河ドラマ『八重の桜』で吉田松陰を演じる。大河ドラマの出演はこれで6回目となる。

2014年公開の『ルパン三世』では実写版のルパン三世を演じることが決まり、10か月間のアクショントレーニングと8キロの減量で役作りをした[7]

2015年、『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』で共演し親交のある、生田斗真と8年ぶりにドラマ『ウロボロス〜この愛こそ、正義。』で共演した。

2017年、映画『銀魂』に主演の坂田銀時役で出演し、2017年実写邦画1位を記録した。また、2018年夏に続編である、パート2(仮題)が公開予定。

私生活編集

2012年3月12日、『貧乏男子 ボンビーメン』で共演したモデル、女優山田優と4年間の交際期間を経て結婚を発表、3月14日に婚姻届を提出した。その後10月2日に地元の沖縄で身内のみの結婚式を、2013年1月6日に米国・ハワイで多数の芸能人を招待した結婚式および披露宴をそれぞれ行った。

2014年10月2日、妻・優との間に第1子が誕生したことを発表した[8](当初、性別や誕生日は明かしていなかったが、性別については女児であることが小栗の口により公表された[9])。ただし、この以前に第1子が女児であることは事実上知られていた[10]2017年1月20日、第2子が誕生したことを発表した[11]。性別は非公表。

人物編集

芸能界に入るきっかけとなった内田有紀には踊る大捜査線シリーズで共演しているが、それ以前にのコンサートに行った際に会っている。

漫画が好きで、少年漫画を中心に大人買いすることも多い。部屋に入りきらないほどの多さで、実家には階段の踊り場にまで置いてある。好きな漫画に『究極!!変態仮面』を挙げ、『小栗旬のオールナイトニッポン』にその原作者のあんど慶周を招いたこともある。実写映画化作品『HK 変態仮面』では自ら主演を希望したが、諸事情により叶わず脚本協力に留まっている[12]

なりすましアカウントの出現を受けて、TwitterなどのSNSは行っていない旨を公式サイトで発表している[13]

交友関係が広く、先輩後輩関係なく仲良くなれる。後輩には、菅田将暉勝地涼山崎賢人岡田将生三浦春馬間宮祥太朗などが、同年代には、松本潤生田斗真山田孝之瑛太綾野剛ムロツヨシ藤原竜也笠原秀幸尾上松也中村七之助中村勘九郎などが、先輩には、吉田鋼太郎笑福亭鶴瓶木梨憲武古田新太などが友達にいる。また、笑福亭鶴瓶と木梨憲武は小栗の結婚の証人も務めた。

出演編集

太字はメインキャラクター。

テレビドラマ編集

映画編集

webドラマ

舞台編集

テレビアニメ編集

2006年

2007年

2009年

2010年

2011年

2014年

2016年

2017年

劇場アニメ編集

2005年

2006年

2007年

2008年

2012年

2013年

2014年

2015年

2016年

OVA編集

1997年

ゲーム編集

2007年

2008年

2016年

ナレーション編集

  • 梅里雪山 17人の友を探して(日本テレビ・2008年3月2日)
  • 独占!長嶋茂雄の真実(TBS・2015年1月3日)
  • 高麗屋三代襲名スペシャル 八代目市川染五郎 密着3650日(テレビ朝日・2018年1月7日)

ラジオドラマ編集

  • 忘れられない恋のうた(ニッポン放送・2006年10月16日 - 11月9日)凛太郎 役
  • 週に1度のラブレター(ニッポン放送・2007年6月18日 - 6月28日)主演 家元
  • キサラギ the RADIO(FMヨコハマ・2007年6月21日)家元 役
  • ニューイヤーイブに逢いたい(ニッポン放送・2007年12月31日)主演 ガソリンスタンドで働く青年
  • ラジオにタッチ! 6COLORS(2012年11月3日 - 12月8日、NHK大阪放送局MBSラジオABCラジオラジオ大阪FM OSAKAFM802制作)

PV編集

  • sacra「イエスタデイ」(2004年)荒木啓 役
  • KEY GOT CREW「夏恋想」(2007年)カメオ出演

監督作品編集

CM編集

ドキュメンタリー編集

ラジオ編集

  • 小栗旬のオールナイトニッポンR(ニッポン放送・2006年11月4日)
  • 小栗旬のオールナイトニッポン(ニッポン放送・2007年1月3日 - 2010年3月31日)
  • 小栗旬のオールナイトニッポン シュアリー・サムデイ公開直前スペシャル(ニッポン放送・2010年7月14日)
  • 小栗旬と長澤まさみのオールナイトニッポン 映画「岳」スペシャル(ニッポン放送・2011年5月4日)
  • 小栗旬のオールナイトニッポンGOLD〜映画ルパン三世スペシャル〜(ニッポン放送・2014年8月29日)
  • 小栗旬 のオールナイトニッポン 映画「ミュージアム」公開前夜祭 (ニッポン放送・2016年11月11日)

書籍編集

写真集編集

単行本編集

連載編集

DVD編集

受賞歴編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 公式サイトの「Profile」の項より。
  2. ^ 渡辺祥子 『キネマ旬報 Cutting Edge 小栗旬 左利きの俳優』 キネマ旬報社、2009年、下旬号、3-7頁。ASIN B001W1YOZ8
  3. ^ 真紀和泉、【エンタがビタミン♪】「旬、そろそろ家」。小栗旬が父親に“2軒目の家”をプレゼントしていた。(2010年07月17日)、Techinsight、2014年4月25日閲覧。
  4. ^ 兄とは『劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者』、『間違いの喜劇』で共演した。
  5. ^ のちに映画『踊る大捜査線』で共演。
  6. ^ 小栗旬のオールナイトニッポン > MESSAGE & NEWS > 2010年3月31日(#150)”. ニッポン放送 (2010年4月1日). 2012年3月9日閲覧。
  7. ^ 男の履歴書 小栗旬編|インライフ
  8. ^ “小栗旬&山田優に第1子誕生「たくさんの愛で包んでいきたい」”. スポニチアネックス. (2014年10月2日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/10/02/kiji/K20141002009031840.html 2014年10月2日閲覧。 
  9. ^ “小栗旬 山田優との第1子は女の子”. デイリースポーツ. (2015年1月14日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/01/14/0007657218.shtml 2015年1月20日閲覧。 
  10. ^ 詳細は「山田親太朗」を参照。
  11. ^ “山田優が第2子出産!渡辺謙、トランプ政権「ドキドキする4年間」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2017年1月21日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170121/mrg17012105030001-n1.html 2017年1月21日閲覧。 
  12. ^ 「スポンサーからNGも?」小栗旬が映画で『変態仮面』を演じることができなかった深い理由”. 日刊サイゾー (2013年4月2日). 2013年11月13日閲覧。
  13. ^ Twitter、Facebookのなりすましについて、小栗旬 公式ウェブサイト、2014年4月25日閲覧。
  14. ^ “小栗&生田8年ぶり最強友情タッグ TBS系連ドラ「ウロボロス」”. Yahoo!ニュース. デイリースポーツ (Yahoo Japan). (2014年8月9日). オリジナル2014年8月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140811022253/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140809-00000001-dal-ent 2014年8月9日閲覧。 
  15. ^ シネマカフェ (2015年10月14日). “綾野剛、「コウノドリ」で盟友・小栗旬と共演に感激!「こんな日が来るんだな」”. 2015年10月17日閲覧。
  16. ^ 小栗旬、親友の吉田鋼太郎主演ドラマにレギュラー出演決定”. ORICON STYLE (2015年12月17日). 2015年12月17日閲覧。
  17. ^ 遠藤憲一が両性具有の宇宙人!三谷最新SFコメディーで出産シーンも”. シネマトゥデイ (2015年4月20日). 2015年4月20日閲覧。
  18. ^ 映画『テラフォーマーズ』キャスト12名の情報が解禁! 秋田奈々緒役は武井咲、蛭間一郎役は山田孝之”. ファミ通.com (2015年7月27日). 2015年11月2日閲覧。
  19. ^ “猟奇殺人犯の蛙男描く「ミュージアム」映画化、小栗旬×るろ剣の大友啓史”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2015年11月25日). http://natalie.mu/comic/news/167025 2015年11月25日閲覧。 
  20. ^ “岡田准一、名匠タッグのもとで小栗旬と初共演!『追憶』”. シネマカフェ. (2016年3月18日). http://www.cinemacafe.net/article/2016/03/18/38887.html 2016年4月30日閲覧。 
  21. ^ 「銀魂」実写映画化、銀時は小栗旬!空知英秋「全員銀魂と一緒に死んでもらう」”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年7月1日). 2016年7月1日閲覧。
  22. ^ “浜辺美波と北村匠海W主演で「君の膵臓をたべたい」実写化、小栗旬、北川景子も出演”. 映画ナタリー. (2016年9月13日). http://natalie.mu/eiga/news/201632 2016年9月13日閲覧。 
  23. ^ 実写ドラマ版「銀魂」はミツバ篇!ヒロイン役は北乃きい”. シネマトゥデイ (2017年6月8日). 2017年6月20日閲覧。
  24. ^ “360°回転の新劇場、こけら落としは新感線「髑髏城の七人」1年3カ月ロングラン”. ステージナタリー. (2016年6月27日). http://natalie.mu/stage/news/192283 2016年6月27日閲覧。 
  25. ^ “小栗旬と田中哲司、二人芝居「RED」21日初演前に心境語る”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2015年8月20日). オリジナル2015年8月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150822001456/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20150820-OHT1T50211.html 2015年8月21日閲覧。 
  26. ^ “小栗旬、来夏ミュージカルに初挑戦「歌も踊りも苦手だけど大いに笑いにきて」”. ステージナタリー. (2016年11月29日). http://natalie.mu/stage/news/211089 2016年11月29日閲覧。 
  27. ^ “小栗旬:宮沢賢治原作のアニメ声優に意気込み「ひたむきさ出したい」”. MANTANWEB (毎日新聞デジタル). (2012年3月9日). オリジナル2012年3月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120311022322/http://mantan-web.jp/2012/03/09/20120308dog00m200062000c.html 2012年3月9日閲覧。 
  28. ^ “映画『キャプテンハーロック』三浦春馬が声優初挑戦、ハーロック役は小栗旬”. マイコミジャーナル. (2012年5月8日). http://news.mynavi.jp/news/2013/05/08/006/index.html 2013年5月8日閲覧。 
  29. ^ 現・ソニーモバイルコミュニケーションズ
  30. ^ 小栗旬&天龍源一郎、イベントで初対面「光栄」”. ORICON STYLE (2015年9月28日). 2015年9月28日閲覧。
  31. ^ 小栗旬、仕事終わりに「グキッ!」”. Smartザテレビジョン (2016年3月3日). 2016年3月3日閲覧。
  32. ^ 小栗旬「争いなくなって」フジ系特番で人気俳優5人が迫る戦争の真実”. SANSPO.COM (2015年6月21日). 2015年6月21日閲覧。
  33. ^ MTV STUDENT VOICE AWARDS 2007”. MTV Networks Japan. 2012年3月9日閲覧。
  34. ^ “小栗旬、バレンタインは「兄ちゃんの方がモテた」”. ORICON STYLE. (2008年2月8日). http://www.oricon.co.jp/news/confidence/51821/full/ 2012年3月9日閲覧。 
  35. ^ “小栗旬、恋の受け入れ態勢は万全「大人の恋をしようかな」”. ORICON STYLE. (2008年3月4日). http://www.oricon.co.jp/news/entertainment/52542/full/ 2012年3月9日閲覧。 
  36. ^ “小栗旬、『批評家大賞』で主演男優賞受賞”. ORICON STYLE. (2008年3月14日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/52860/full/ 2012年3月9日閲覧。 
  37. ^ 株式会社イード (2008年5月8日). “こどもの選ぶアワードにEXILE、小栗旬ら アニメ賞はスポンジ・ボブ”. アニメ! アニメ!. http://animeanime.jp/news/archives/2008/05/exile.html 2012年3月9日閲覧。 
  38. ^ “小栗旬に橋田賞新人賞「芝居もやります」”. nikkansports.com. (2008年5月11日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20080511-358440.html 2012年3月9日閲覧。 
  39. ^ TV LIFE 年間ドラマ大賞 歴代受賞作&受賞者プレイバック”. TV LIFE. 学研パブリッシング. 2012年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月9日閲覧。
  40. ^ 第4回「ドラマ・オブ・ザ・イヤー2007」結果発表!”. TVnaviWEB. 2012年3月9日閲覧。
  41. ^ 第21回 DVDでーた大賞”. DVDでーた.com. エンターブレイン. 2008年6月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月9日閲覧。
  42. ^ “小栗旬、学生選出の最優秀俳優賞を2年連続受賞するも「僕みたいにならないで」”. ORICON STYLE. (2008年8月27日). http://www.oricon.co.jp/news/music/57599/full/ 2012年3月9日閲覧。 
  43. ^ 「〈発表!〉第74回ドラマアカデミー賞」、『週刊ザテレビジョン』第45号、角川マガジンズ、2012年11月、 36-39頁、2012年11月18日閲覧。
  44. ^ “勝手に演劇賞2013”. WOWOW. http://www.wowow.co.jp/stage/engeki2013/ 
  45. ^ 「発表! 第81回ドラマアカデミー賞」、『週刊ザテレビジョン関西版』第20巻33号(2014年8月22日号)、KADOKAWA2014年8月22日、 22-26頁。
  46. ^ GQ MEN OF THE YEAR 2014”. GQ JAPAN (2014年11月20日). 2014年11月21日閲覧。
  47. ^ 【17年4月期 コンフィデンス・ドラマ賞】「主演男優賞」に小栗旬、“良いもの”目指しいつも以上に挑戦した ORICON NEWS(2017年7月21日), 2017年7月22日閲覧。

外部リンク編集