伊江 朝義(いえ ちょうぎ、嘉靖17年(1538年) - 萬暦14年(1586年))は、琉球王国第二尚氏王統第四代国王尚清の第七王子。唐名は尚宗賢、童名は金千代金。第二尚氏王朝の第四代国王尚清の七男。伊江御殿の元祖。嘉靖年間羽地間切総地頭職、その後伊江島総地頭職に転任。

系譜編集

  • 父:尚清 (第二尚氏王統四代国王)
  • 母:城之大按司志良禮・童名眞鶴金
    • 兄(長男):尚禎(中城王子)(母は后徳)
    • 兄(次男):尚元王(久米中城王子)(母は妃)
    • 兄(三男):尚楊叢、勝連王子朝宗(新里殿内一世)
    • 兄(四男):尚鑑心(大伊江王子)
    • 兄(五男):尚桓・北谷王子朝里(与那覇殿内一世)
    • 兄(六男):尚范国・東風平王子朝典(玉城御殿一世)
    • 弟(八男):尚洪徳、読谷山王子朝苗(玉川御殿一世、母は礼室)
    • 弟(九男):尚龔礼・豊見城王子朝喬(伊良波殿内一世)
    • 弟(十男):尚悦・羽地王子朝武(喜屋武殿内一世、母は誠淑)
    • (長女):阿応利屋恵按司加那志(高級祝女(阿応利屋恵))
    • (次女):首里大君按司加那志(高級祝女(首里大君))
  • 室:伊江阿屋按司志良禮・童名眞加戸樽
    • 長男:向種徳・伊江按司朝恒(嘉靖三十九年〜萬暦二十四年)
    • 長女:君辻按司・童名眞鶴金(嘉靖四十年〜崇禎三年、號桂岳、向恭安・越来按司朝村室)
    • 次女:眞宇志金(嘉靖四十三年〜萬暦三十年、豊國弼浦添親方元良室)
    • 三女:眞鍋樽(隆慶二年〜萬暦二十一年、向萬祀・東風平按司朝易室)
    • 次男:向文徳・伊江按司朝仲(兄朝恒の跡目)(隆慶六年〜)
    • 朝仲室:思戸金(向宗文・具志頭按司朝受女)
    • 朝仲継室:思乙金(鄭迵・謝名親方利山女、〜康煕十四年)

関連項目編集

外部リンク編集