メインメニューを開く

伊瀬知 好成(いせち よしなり、1848年11月23日嘉永元年10月28日[1]) - 1922年大正11年)9月29日[1])は、日本の陸軍軍人貴族院議員。陸軍中将勲一等功四級男爵

伊瀬知 好成
Isechi Yoshinari.jpg
生誕 1848年11月23日
死没 (1922-09-29) 1922年9月29日(73歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1871 - 1906
最終階級 陸軍中将
除隊後 貴族院議員
テンプレートを表示

経歴編集

薩摩藩士の子弟として生まれる[要出典]

1871年9月10日(明治4年7月25日)、陸軍少尉に任官[2]1886年(明治19年)5月、歩兵第8連隊長となり、1890年(明治23年)6月、歩兵大佐に昇進して近衛歩兵第3連隊長に異動[2]1894年(明治27年)9月、歩兵第2連隊長に就任[2]

日清戦争に出征し、旅順攻略戦に参加[1]1895年(明治28年)1月、大寺安純少将の後任として第1師団参謀長となった[1][2]。翌月、陸軍少将として大寺少将後任の歩兵第11旅団長に就任[1][2]。同年11月、威海衛占領軍司令官を兼務し[1][2]1896年(明治29年)5月に復員[2]1898年(明治31年)10月、近衛歩兵第2旅団長[1][2]1900年(明治33年)4月、陸軍中将に進み、第6師団長に親補された[1][2]1902年(明治35年)5月に休職し、1904年(明治37年)6月、留守近衛師団長として復帰したが、1906年(明治39年)5月14日に再び休職し[3]、翌年11月13日、予備役に編入[1][2][4]1909年4月1日に後備役となる[5]1914年(大正3年)4月1日に退役した[6]

1907年(明治40年)9月21日、西南・日清・日露戦争の軍功により男爵を叙爵した[7]1910年(明治43年)12月27日、貴族院勅選議員に就任した[2][8]

栄典編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i 『日本陸軍将官辞典』75頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』24頁。
  3. ^ 『官報』第6861号、明治39年5月16日。
  4. ^ 『官報』第7315号、明治40年11月14日。
  5. ^ 『官報』第7755号、明治42年5月5日。
  6. ^ 『官報』第507号、大正3年4月10日。
  7. ^ 『官報』第7272号、明治40年9月23日。
  8. ^ 『官報』第8257号、明治43年12月28日。
  9. ^ 『官報』第2551号「叙任及辞令」1892年1月4日。
  10. ^ 『官報』第3582号「叙任及辞令」1895年6月10日。
  11. ^ 『官報』第3644号「叙任及辞令」1895年8月21日。
  12. ^ 『官報』第6727号「叙任及辞令」1905年12月1日。
  13. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1907年1月28日。
  14. ^ 『官報』第7272号「授爵敍任及辞令」1907年9月23日。
  15. ^ 『官報』第7337号「叙任及辞令」1907年12月11日。
  16. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  17. ^ 『官報』第1317号「叙任及辞令」1916年12月21日。

参考文献編集

  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。


日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
伊瀬知(好成)家初代
1907年 - 1922年
次代:
伊瀬知輝